ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ドイツ語学担当特任教員募集

ドイツ語学担当特任教員募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月24日更新
ドイツ語担当特任教員募集
採用予定日2018(平成30)年4月1日
*雇用期間は、雇用契約日から当該年度末までとする
*満70歳に達する日の属する年度を限度に、4回まで更新する場合がある
採用資格講師以上(特任)
採用人員1名
専攻領域ドイツ語学またはドイツ文学またはドイツ語教授法
担当科目言語文化科目「ドイツ語」
担当時間1週当り7.5時間(5コマ)
応募資格修士の学位を有し、大学におけるドイツ語教育経験を有する者
注)日本語を母語としない者については、大学業務に支障のない十分な日本語運用能力を備えていることを要する
提出書類(1)履歴書(写真貼付、連絡先としてメールアドレス及び携帯電話番号を明記すること)
(2)最終学校修了証明書又は修了見込み証明書(学位記は不可)
 ・博士後期課程在学者は、在学証明書も添付すること
(3)研究業績目録一覧(著書、論文、口頭発表等、それぞれ項目別にまとめて記載したもの)
(4)主要研究業績
 ・論文等3篇以内(著書は1冊、論文は各3部提出すること。コピー可)
 ・それぞれに1,000字以内の要約(日本語)を付すこと
 ・必要に応じて、その他の業績を求めることがある
(5)教育業績目録一覧(担当科目、教育機関名、従事した期間、時間数等を記載したもの)
(6)本学におけるドイツ語教育への抱負(上記担当科目に関して、学生の主体的な学びを引き出す工夫等について、これまでの実績を含めてA4用紙1枚にまとめること。なお、ドイツ語は全学に開講しており、担当する学生は経済学部に限らない)

*指導教授又はそれに相当する方の推薦書を添付してもよい
*(2)以外は全てA4用紙に作成の上、提出すること
提出期限2017(平成29)年9月22日(金曜日)必着
書類提出先ドイツ語担当教員応募書類」と封筒に朱記し、書留にて下記まで郵送すること(海外からはEMSに限る)
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
松山大学経済学部長 安田 俊一  宛
選考結果の通知選考終了次第(2017(平成29)年12月下旬予定)郵送にて通知する
給与及び研究費
給与〔教授〕年額5,520,000円
〔准教授〕年額5,280,000円
〔講師〕年額5,040,000円
諸手当扶養手当(年金を受給する被扶養者を除く)、住宅手当、通勤手当及び講義超過手当を支給する
退職金支給しない
研究費松山大学教員研究費規程に基づき支給する
その他(1)提出書類は選考にのみ使用し、それ以外の目的には使用しない
(2)提出書類は原則として返却しない(ただし、業績の実物の返却を希望する場合には、住所・氏名を明記した返信用封筒及び必要な送料が貼付してある場合にのみ返却する)
(3)書類審査の上、面接を行う(模擬授業を求めることがある)
問い合わせ先E-mail に限る。
松山大学 教務部教務課 経済学部担当
担当者メールアドレス:mu-kyomu@matsuyama-u.jp