海外留学ガイドブック2021-2022
56/72

私は午前中だけの授業だったので、午マルタはすごく過ごしやすい気候で、暑1クラス10人弱の生徒で構成されていました。春休み期間中ということもあって、日本人がたくさんいましたが、他の日本人と同じクラスになることはありませんでした。毎週人の入れ替わりがあり人数が変動することはありましたが、私のクラスはほとんど人が変わることはありませんでした。生徒の内訳は、日本人、韓国人2人、中国人、コロンビア人、スウェーデン人、スペイン人、チリ人、パラグアイ人でした。日本人は文法は得意だがスピーキングが苦手な一方で、他の国の人はスピーキングはできるが文法が不得意なので、日本人は実際のレベルより上のレベルに入れられがちです。授業は午前中しかとっていませんでしたが、主にスピーキングを重視した授業でした。周りの生徒はみんなすごく話せるので、ついていくのに必死でした。先生が色々なスピーキングの話題を持ってきてくださって、それを2人1組になって話し合うことが多かったです。また、各々自国の食べ物の作り方を発表する機会があり、他の国についての文化を現地の人から教わることができました。休み時間では、様々な国の人達と話をしたり、数字の数え方を教えあったりして会話を楽しみました。英語●費用概算<必要な経費>・研修費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旅費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宿泊費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・食費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・交通費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・223,000円195,000円150,000円15,000円7,000円11,000円くもなく寒くもなくという恵まれた環境で生活することができました。しかし、島国なので、坂が多く、歩くのに疲れます。マルタ料理はおいしく、見たことがない形の料理が出てきましたが、毎日が新鮮で楽しく食事をすることができました。もちろん、日本にもあるマクドナルドやバーガーキングなどのファストフード店もありました。ヨーロッパでチェーン展開されている寿司屋に行きましたが、日本と遜色なくおいしく食べることができました。また、ジェラート屋が多く、いろいろなジェラート屋を回って食べ比べをしました。困ったことは、トイレの水圧が弱く設定されていることです。1回で流れることは少ないので何回か流さないといけません。国自体が小さいので、バスで島のどこへでも行けるので観光しやすいです。観光をしていて一番困ったことは、トイレの数の少なさです。トイレに行きたいと思っても近くにトイレがないため我慢せざるを得なかったということが何回もあったので、対策が必要だと思います。<合計>助成金支給額・・・・・・・・・・・・・・・自己負担額・・・・・・・・・・・・・・・・・・後は同じホームステイ先のパラグアイ人が企画した観光ツアーに参加していました。水族館やきれいな海を見に行ったり、ポパイ村、首都のバレッタにも行きました。3週間目の休日は、年に1回首都のバレッタで行われるカーニバルを見に行きました。みんなが思い思いの仮装をしながら通りを練り歩いているので、通りを歩くのが楽しかったです。また、仮装している人に声をかけて一緒に写真を撮ってもらうこともありました。最終週になると、1人で行動することが多くなってきました。おしゃれな漁船がいっぱいあるマルサシュロックや、船に乗ってコミノ島に行ったりしました。コミノ島の海はきれいで船が浮いているように見えたので、とても幻想的でした。最後の休日はマルタでできた日本人の友達と旅行を計画してロンドンに行きました。ロンドンではマルタとは違う雰囲気を感じ、とても楽しい旅行となりました。毎日何か予定を入れて、とても充実した時間を過ごすことができました。601,000円300,000円301,000円スリーマバレッタ学生海外語学研修助成制度春季▲お世話になったホストファミリー▲カーニバルで仮装している人と54主にスピーキングを重視した授業。トイレが少ないので対策が必要。観光地を巡り充実した時間を楽しんだ。研修機関や授業衣・食・住休日・余暇の過ごし方RepublicマルタイングリッシュランゲージアカデミーENGLISH LANGUAGE ACADEMY人文学部 英語英米文学科 2年次生(研修時) 新 朋也Tomoya AtarashiSTUDY ABROAD DATE●都市名:スリーマ●研修期間: 2019年2/18~3/16【27日間】●研修講座・コース名: General English Course 20●宿泊形態:ホームステイ

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る