Creation-182号
6/20

 新しいメディアが次々と登場し、学生たちはそれらを当たり前のこととして受け入れていく現代。森岡ゼミではメディアと社会心理学をテーマに、SNSやスマートフォン、テレビなどのメディアが社会にどのような影響を及ぼしているか、グループワークを通して研究を進めている。今年のゼミでは、オリジナルのテレビ番組企画をつくったほか、SNSの知られざる“オキテ”(使われ方の法則)を発見し、グループごとにプレゼンテーションを行った。 「テレビの視聴率が下がって、特に大学生がほとんどテレビを観ない。ならば、どんな番組だったら自分たちは観たいかと考えて、タイムスケジュールや予算も含めてグループ全員で考えてもらいました。SNSの研究は、グループのメンバーが一人ひとつのオキテメディアをテーマに白熱するプレゼンいま、このゼミがアツい!人文学部准教授森岡 千穂Morioka Chiho森岡 千穂ゼミ人文学部社会学科身近なメディアや社会心理について考えることで自分なりの問題意識を持って研究に取り組む森岡ゼミ。“面白いものにどうやって気づくか”を通して個性豊かな人間に成長していく。5CREATION 〈No.182〉 2014 Summer

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る