Creation-182号
8/20

り、社会人など十分に講義の時間を確保することが難しい方にまで、開講日や時間面で柔軟な対応をしていただけるところ。「もっと学びたい」という意欲のある方は、様々なことに興味を持って挑戦していただきたいです。松山大学大学院はそんな学生を積極的に支援してくれます。MATSUYAMAGRADUATESCHOOLMATSUYAMAJUNIORCOLLEGEサークル大会出場第65回 四国地区大学総合体育大会7月4日(金)~6日(日) 香川県〇サッカー部 四国学院大学〇軟式野球部   アークバリアベースボルパーク長尾第49回 全国私立短期大学体育大会9月1日(月)~4日(木)〇テニス部(男子) 小田原テニスガーデン〇バドミントン部(男子)   南足柄体育センター〇バレー部(男子) 大田区総合体育館〇バスケットボール部(男子・女子)   試合会場未定(埼玉県)第2回オープンキャンパス8月2日(土)・3日(日)10:00~16:00一般公募推薦入試 (募集人員10名)社会人推薦入試 (募集人員5名)出願期間/11月7日(金)~21日(金)審 査 日/11月30日(日)合格発表/12月4日(木)11:00 新入生歓迎バスツアーに参加して、僕は大学での過ごし方が変わりました! 今年のバスツアーでは香川でうどん打ちを体験したのですが、みんなで協力して作業をするなかで、多くの学生や先生方と接することができました。ツアーに参加するまでは所属している短大サッカー部の友人としか話すことがなかったので、それ以来、学校でも交流の場が広がり、充実した学生生活が送れています。 大学では、編入という共通の目標に向かって切磋琢磨し合う友人もできました。これからは、編入へ向けての勉強とサッカーの練習を頑張りたいですね。社会人など忙しい方でも授業を受けることができ、同じ目標を持つ仲間に出会える松短は、本当に良い学校だと思います。入学してよかったです! 私は松山大学を卒業後、大学院へ進学。松浦教授のもと、東アジア地域の通貨制度について研究を進めています。 大学院へ進学した理由は二つあります。一つは高等学校教諭一種免許状及び専修免許状の取得。もう一つは学部生時代のゼミ活動を通じて「国際通貨」に興味を持ち、より専門的な研究を行いたいと考えたためです。 本学で学んでいてありがたいと感じることは、私のように大学院と並行して教職課程を履修している院生はもとよ「松山大学大学  で学ぶ」ということ松山 期大学松山大学大学院の魅力は「学びやすさ」様々なことに興味を持ち取り組めばきっと道は拓けるはずです大学院生の“学び”をクローズアップ!“松短”のライブな情報を知ろう!みんなで協力して打ったうどんはおいしい!うどん打ち体験で広がった友達の輪!同じ目標を持つ仲間と勉強も部活も全力で!!知る知るこんぴらさんのお膝元でうどんの本格手打ちを体験。院指導教授から、廣川さんへ松浦 一悦 教授廣川さんは修士課程のこの1年間に数多くの専門書を読みこなし、研究分野について理解が深まり、確実にレベルアップできたと感じます。大学院では学部で習得できない研究スキルを身につけることができるので、この研究生活は今後のキャリアにとって貴重な肥やしとなるはずです。将来、高校の社会科の教員として頑張ってほしいです。廣川 裕也さん経済学研究科 博士前期課程(修士課程)藤原 敦司さん商科第2部1年次生短大 EVENT Info7CREATION 〈No.182〉 2014 Summer

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る