CREATION_196
13/20

松山大学の最新情報は、オフィシャルサイト内「NEWS & TOPICS」でチェックできます!  http://www.matsuyama-u.ac.jp/悔しい結果を受け止め、ゼロからの再スタートを誓う10/29(日)第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)大粒の雨のなか、メンバーが心でつないだ襷を胸にゴールを切る上杉円香選手。レースを終え、悔しさを滲ませる選手ら。研究成果を発表する天倉教授。質問に答える古川教授。河内晩柑果皮に多く含まれる成分・オーラプテンが認知機能に作用 愛媛県・松山大学・愛媛大学・(株)えひめ飲料は、特許出願中の河内晩柑果汁飲料の効能に関する在京メディア向け説明会を、東京都千代田区の都道府県会館において開催した。報告会では、河内晩柑果皮には機能性成分オーラプテンが多く含まれ、認知症予防に効果がある可能性を示唆した松山大学薬学部の研究成果をもとに、愛媛県・(株)えひめ飲料が試作飲料を開発し、愛媛大学医学部抗加齢ドック受診者(ドックの結果、明らかな認知症はない方)に試飲していただいたところ、認知機能スコアが改善した、との研究経過及び研究成果が説明された。 説明会には、本学から薬学部の古川美子教授と天倉吉章教授が出席した。参加者はメディア関係者23社26名、農水省1名であった。質疑応答では、オーラプテンの作用機序や安定性などに関する質問が相次いだほか、機能性表示食品としての見通しや販売開始時期などに関する質問も多く、認知症予防に有効な食品開発に対する関心の高さがうかがわれた。11/17(金)河内晩柑果汁飲料に関する研究成果をメディア向けに発表<本学の成績>2時間10分12秒総合13位第1区(6.4㎞) 緒方 美咲 22分46秒(区間25位)第2区(5.6㎞) 藤原 瑠奈 18分33秒(区間8位)第3区(6.8㎞) 岡田 佳子 22分50秒(区間7位)第4区(4.8㎞) 徳永 真紗希 16分59秒(区間16位)第5区(9.2㎞) 藤原 あかね 31分07秒(区間8位)第6区(5.2㎞) 上杉 円香 17分57秒(区間8位) 宮城県仙台市で「第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」が開催され、昨年、悲願の初優勝を成し遂げた女子駅伝部は、連覇を目指して粘り強い走りをみせるも、2時間10分12秒の13位という結果となった。 レース後、大西監督は「大会直前にアクシデントもありベストメンバーで挑めなかったが、選手の調子が上がっていただけに今回の結果は残念。シード権を失う13位という現実をしっかり受け入れ初心にかえり、また杜の都に戻ってきたい」と、ゼロからの再スタートを誓った。新主将の藤原あかね選手は「力を発揮することができなかった。もっと自覚をもってチームを引っ張る存在になりたい」と力強く決意を語った。12CREATION NO.196 2018.1

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る