クリックするとメニューが開きます
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2018年01月26日

経済構造を科学的に明らかにし、望ましい政策をデザインする

ELBの存在自体が経済に影響を及ぼす

2008年の金融危機後に、先進各国が政策金利を下げて金利のゼロ下限に到達しましたが、日本や欧州では政策金利の一部をマイナスにするマイナス金利政策がとられていることから、金利の実効下限(effective lower bound、以下:ELB)と呼ぶようになっています。ELBに直面すると、政策金利調節方式による金融政策は制限されてしまいます。

政策金利の推移。金利を低下させる経済ショックに対する政策金利のマクロ経済モデルによるシュミレーション。

こうした、金利がELBにぶつかってしまった下での最適金融政策について、多くの先行研究はコミットメント型(約束型)の金融政策が有効であると主張しています。その特徴は十分に経済が回復するまでゼロ金利政策を続けるというものです。

また、ELBはその存在自体が〝経済の動学〞に影響すると考えられています。金利がELBにぶつからなくても、ELBの存在が経済主体や中央銀行の予測を通じて予備的な行動を促し、経済の動きに影響を与える可能性があるのです。こうしたELBの影響を非線形効果や不確実性効果といい、近年のマクロ経済学でも重要な要素の一つとなっています。非線形効果は、金利がELBにぶつかってからも影響すると先行研究によって分析されており、非線形効果によって、景気の落ち込みがより大きくなるとも考えられています。このことからELBを考慮した分析では、モデルのシミュレーションにおいて非線形性をキャプチャーする数値計算の手法が求められ、私もそのような手法を用いてELBの経済への影響について研究しています。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

PAGE TOP