クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

広報誌 学園報「CREATION」第199号 広告募集要項

平成30年度 学校法人松山大学広報誌「学園報 CREATION」
第199号の広告掲載に関する募集要項

平成30年度学校法人松山大学広報誌「学園報 CREATION 第199号」に掲載する広告を次のとおり募集します。

1.広告関係規程

広告掲載は、「学校法人松山大学広報印刷物広告掲載取扱規程」及び「学校法人松山大学広告掲載基準」に基づき行います。

2.広告を募集する媒体
  • 名 称:広報誌「学園報 CREATION」 第199号
  • 規 格:A4縦、全20ページ
  • 紙 質:上質紙
  • 印 刷:カラー
  • 製 本:中綴じ
  • 部 数:13,000部
  • 発行予定日:平成30年10月下旬又は11月上旬
  • 配布先:松山大学・松山短期大学に在籍する学生の保護者、本学同窓会(温山会)役員、オープンキャンパス及び大学見学、入試説明会・相談会等への参加者、高校生(入試関係資料請求者)、本学が開催するイベント等、松山大学構内

※配布の他、本学公式Webサイト内でも閲覧できることとします。

3.広告の規格及び掲載料

広告の規格及び掲載料は、次表のとおりとする。

規格 枠数 1枠の掲載料(税込)
  • A4の5分の1サイズ(縦4.2㎝×横17.8㎝)
  • 「Campus News」のページ下部、カラー
2 15,000円
  • 表4
  • A4の2分の1サイズ相当(縦12.3㎝×横19.4㎝)
2 40,000円

※同一業者による複数枠の申込みも可能です。
※ 広告掲載枠の上、または側面に「広告」と表示します。

4.申し込み方法

広告掲載を希望する者は、広告掲載申込書に必要事項を記入し、会社概要及び掲載しようとする広告の版下原稿を添付した上で、下記の申込先へ郵送又は持参してください。
 なお、添付していただく広告原稿は、案の段階のもの(版下仮原稿)でも構いませんが、広告内容について可能な限り、実際に掲載を希望される原稿に近いものを提出してください。

広告掲載申込書

5.募集期間

平成30年7月2日(月曜日)~平成30年7月31日(火曜日)17時00分

6.広告主の決定方法

学校法人松山大学の定めた審査基準に適合しているかの審査を行い、掲載する広告を決定します。基準を満たす申込数が、広告掲載の募集枠数を超える場合は、広告の申込順により審査を行い、広告主を決定します。広告主が決定した場合は、広告掲載申込者に対して掲載又は不掲載の旨を通知します。
 なお、学校法人松山大学は、広報誌「学園報CREATION」の広告について掲載可否権を有し、可否の根拠を明示、説明する義務を負いません。

7.広告原稿の提出期限

広告の掲載が認められた場合は、学校法人松山大学が指定する期日(広告掲載可否通知書に記載)までに完全版下原稿(イラストレーター形式、JPEG等の電子媒体)の提出をお願いします。
 ただし、申込時に提出された広告原稿から変更がない場合は、再提出の必要はありません。
 なお、提出していただいた広告原稿が掲載にふさわしくないと判断した場合は、内容の変更をお願いすることがあります。
 また、提出された版下仮原稿及び完全版下原稿は、返還しません。

8.広告掲載料の納付

広告の掲載が認められた場合は、学校法人松山大学が指定する期日(広告掲載可否通知書に記載)までに一括して納付してください。

9.広告掲載の取り消し

次の各号に該当する場合は、広告掲載を取り消します。

  1. 学校法人松山大学が指定する期日(広告掲載可否通知書に記載)までに広告掲載取消申出書の提出があったとき。
  2. 学校法人松山大学が指定する期日(広告掲載可否通知書に記載)までに広告掲載料の納付がないとき。
  3. 「学校法人松山大学広報印刷物広告掲載取扱規程」又はこの募集要項に違反したとき。
  4. その他、広告内容の変更に応じないなど、広告主の責に帰すべき事由により印刷物への広告の掲載が適切でないと本法人が判断したとき。

広告掲載取消申出書

10.広告掲載料の返還

納入された広告掲載料は返還しません。ただし、広告主の責めに帰さない事由により、本法人が広告を掲載しなかったときは、その一部又は全部を返還します。

11.免責について

広告の内容に関する苦情等紛争については、広告主の責任において対応・解決することとし、学校法人松山大学はいかなる責任も負いません。

12.申し込み・問合せ先

松山大学 入学広報部入学広報課
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4番地2
電話:089-926-7140、ファックス:089-922-6064
E-mail:mu-koho@matsuyama-u.jp

PAGE TOP