クリックするとメニューが開きます
scroll
重要なお知らせ

松山大学大学院法学研究科開設にあたって

松山大学大学院法学研究科開設にあたって
~新しい時代を創る法律学に関する高度専門職業人の育成を目指して~

                                             学校法人松山大学理事長
                                             松山大学学長
                                              溝 上 達 也

令和2(2020)年4月の開設を目指し、私たちは、松山大学大学院法学研究科の設置準備に取りかかってまいりましたが、このたび、文部科学大臣より設置認可を受けることができました。松山大学大学院の6番目の研究科として、本学の歴史に新たな一頁を付け加えることが叶いました。まずは、本研究科開設にあたり、様々な形で協力を賜った方々に深くお礼を申し上げたいと思います。
 本研究科は、校訓「三実」という教育理念のもと、アカデミックな研究者の視点を備えた高度な法的専門能力を主体的に活用できる人材を育成しようと考えております。愛媛という地域社会の中でも、日常生活の中で法律を用いて紛争解決を行う場面、法律を用いて新たな仕組みを創造していく場面というものは増えてきています。これからの社会において、法律を用いて事態に対処していく機会は着実に増えていくでしょう。同時に、世の中の変遷が非常に早いため、これまで通用していた法律などのルールを用いるだけでは、適切な解決策を導き出すことができない事態に直面することも見込まれます。本研究科は、このような時代状況の中で法律を駆使しながら事態を主体的に打開できる者-「法律学に関する高度専門職業人」-を育成したいと考えております。そのために、本研究科のカリキュラムは、法律実務の能力を磨くことに専念するだけでなく、現在という時代を相対化する学問的な視点も身に着けることを目指して、教育職員を揃えるとともに講義科目を配置しております。
 本研究科の開設にあたり、この愛媛の地で、新しい時代を創る担い手を輩出するため、教育職員一同、鋭意努力していく所存です。

PAGE TOP