クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
重要なお知らせ

松山大学及び松山短期大学における新型コロナウイルスワクチンの職域接種について(第二報)【2021年6月22日更新】NEW

2021(令和 3)年6月22日

学生及び保護者の皆様

学校法人松山大学       
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

松山大学及び松山短期大学における
新型コロナウイルスワクチンの職域接種について(第二報)

このたび、愛媛大学のご厚意により、松山大学及び松山短期大学の学生については、希望者全員が愛媛大学医学部附属病院で、ワクチン接種を受けることが可能となりました。今後、希望調査を行い、接種開始に向けて準備を整えて参ります。
 今回、学生の皆さんが接種するワクチンは、アメリカ・モデルナ社のワクチンとなります。アメリカではすでに1億3千万回近い接種実績を持つメッセンジャー RNAワクチンで、日本において多く使用されているファイザー社のワクチンと同じ作用機序となります。発症予防効果は94%と報告されており、愛媛県のみならず、わが国における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に極めて有効であるとされています。
 一方、ワクチン接種後に、一定の割合の方に、接種部位の疼痛、倦怠感、頭痛、筋肉痛、発熱などの副反応があることも報告されていることから、学生の皆さんの中には大きな不安を覚え、ワクチン接種を躊躇している方もいるかもしれません。この1年間、わたしたちは新型コロナウイルス感染症にかかる多くの情報を得てきました。その中には根拠のない妄説と呼ばれるようなものもあり、大いに不安をあおられました。学生の皆さんの耳には、すでにワクチンに関する情報も色々聞こえてきていることと思います。しかしながら、学生の皆さんは大学・短期大学という「学問の世界」に身を置いているわけですから、不正確な情報や非科学的な情報に振り回されることなく、是非、科学的根拠や信頼のおける情報源に基づき判断し、自らがワクチンを接種するかどうかを判断してもらいたいと思います。
 ワクチンの接種は任意であり、本学として接種を義務付けることはありません。ワクチン接種の有無によって、正課・課外を問わず不利益を受けることもありません。
 最後に、本学が新型コロナウイルス感染症の拡大防止にかかる社会的要請に応えるとともに、学生、教職員、関係者の健康と安全・安心を守り、授業と学校生活を制限なく送ることを可能にするためには、キャンパスにおける集団免疫獲得に向けて努力することが肝要だと考えています。学生の皆さんには、積極的にワクチン接種を受けてもらいたいと思います。
 なお、ワクチン接種に関する詳細につきましては、大学ホームページに「ワクチン接種特設サイト」を開設しました。随時接種に関する情報を更新しますので、ご確認ください。

1.新型コロナウイルスワクチン接種特設サイト
 https://sites.google.com/matsuyama-u.jp/vaccine/vaccine

2.ワクチン接種希望調査期間
 6月23日(水)9時00分~6月28日(月)12時00分

以上

<本件にかかる問合せ先>             
学生ワクチン推進係                   
電話:080-4923-5599、080-4193-2576        
メールアドレス:mu-vaccine★matsuyama-u.jp  
※★を@に置き換えてください。   
受付時間:9時00分~17時00分(土日・祝日は除く)  

PAGE TOP