クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
重要なお知らせ

【重要】松山大学を会場とした職域接種について【2021年8月30日更新】

松山大学を会場とした職域接種における モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について【第五報】

2021(令和3)年8月30日

関 係 各 位

学校法人松山大学          
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

【重要】松山大学を会場とした職域接種における
モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について(第五報)

本学を会場とした新型コロナウイルスワクチン接種の第1回目接種(8月28日及び8月29日)に使用したモデルナ社製ワクチン(ロット番号3005293)について、今般、厚生労働省より、「ワクチンの品質に問題ない」旨の見解が示されましたので、お知らせいたします。
 本学が使用したモデルナ社製ワクチンと同一ロット番号のワクチンを使用していた沖縄県の新型コロナウイルスワクチンの接種会場において、一部バイアル及びシリンジ内に異物が確認され、接種が中止されておりましたが、モデルナ社製ワクチンを国内供給する武田薬品工業株式会社の調査結果によれば、異物が発見されたバイアルは、いずれも穿刺前には異物が混入していなかったことが確認されており、穿刺時のコアリング等により異物が混入した可能性が高いため、当該ロットのワクチンの品質に問題は無いと考えられるということです。詳細につきましては、次の厚生労働省ホームページをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20760.html
 本学では、厚生労働省のワクチン接種マニュアルに基づき、これまでどおり異物の混入がないことを十分確認の上、接種を実施しておりますので、ご安心ください。
 なお、ワクチン接種後72時間程度は、十分健康管理を行い、万一体調がすぐれない等の症状がある場合は、本学又は後方支援病院である梶浦病院(松山市三番町)まで、ご連絡いただきますようお願いいたします。

・松山大学 090-6523-5376 又は090-9805-3923
 ・梶浦病院 089-943-2208

松山大学を会場とした職域接種における モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について【第四報】

2021(令和3)年8月29日

関 係 各 位

学校法人松山大学          
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

【重要】松山大学を会場とした職域接種における
モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について(第四報)

第三報にてお伝えしましたとおり、沖縄県が8月28日夜、使用を予定していたモデルナ社製ワクチンから、異物が見つかったと発表しました。これを受け、本学の新型コロナウイルスワクチンの大学拠点接種(職域接種)で使用を予定しているワクチンのロット番号を調べたところ、ロット番号3005293がこれに該当することが判明しました。そのため、本日午前中のワクチン接種を一時見合わせておりました。
 その後、モデルナ社製ワクチンを国内供給する武田薬品工業から情報収集を行い、また、本学の職域接種における後方支援病院の医師等とも協議を行った結果、厚生労働省のワクチン接種マニュアルに基づき、これまでどおり異物の混入がないことを十分確認の上、接種を実施することが可能であるとの判断に至りました。したがいまして、見合わせておりました本学を会場とした新型コロナウイルスワクチン接種の第1回目接種を午後より再開いたします。午前中に接種を予定していた方については、13時から17時までに、随時、会場にお越しください。また、午後に予定していた方は当初案内していた時間にお越しください。
 なお、ワクチン接種後72時間程度は、十分健康管理を行い、万一体調がすぐれない等の症状がある場合は、下記の連絡先にご連絡いただきますようお願いいたします。

・松山大学 090-6523-5376 又は090-9805-3923
 ・梶浦病院 089-943-2208

松山大学を会場とした職域接種における モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる8月29日のワクチン接種実施の対応について【第三報】

2021(令和3)年8月29日

関 係 各 位

学校法人松山大学          
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

【重要】松山大学を会場とした職域接種における
モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる8月29日のワクチン接種実施の対応について(第三報)

本日の一部報道にて、8月28日午後、沖縄県の接種会場に納入されたモデルナ社製ワクチンに異物が見つかったとの発表がなされています。
 異物が含まれていたとされるワクチンのロット番号と本学のロット番号は同じものであるため、本日の午前中のワクチン接種は一時中断といたします。
 現在、厚生労働省及びワクチンを取り扱っている武田薬品工業から情報収集を行っておりますが、本日のワクチン接種実施の可否については、本日正午に松山大学オフィシャルサイト及びメールにて報告いたします。
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

松山大学を会場とした職域接種における モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について【第二報】

2021(令和3)年8月27日

関 係 各 位

学校法人松山大学          
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

【重要】松山大学を会場とした職域接種における
モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について(第二報)

第一報でお伝えしましたとおり、松山大学を会場とした職域接種において使用を予定していたモデルナ社製ワクチンについて、異物混入の認められたロットと製造ラインが同じであるため、念のために使用を見合わせるよう、厚生労働省より通知がありました。
 その後、関係諸機関と調整を行った結果、本学に代替ワクチンが納入されましたので、本学を会場とした新型コロナウイルスワクチン接種の第1回目接種(8月28日及び8月29日)を、予定通り実施いたします。
 接種予定者は、事前に指定された日時に会場までお越しください。

松山大学を会場とした職域接種における モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について【第一報】

2021(令和3)年8月26日

関 係 各 位

学校法人松山大学          
危機管理対策本部長 新 井 英 夫

【重要】松山大学を会場とした職域接種における
モデルナ社製ワクチンの異物混入にかかる本学の対応について(第一報)

標記の件につきまして、未使用のバイアル内に異物が確認されたことから、厚生労働省からモデルナ社製ワクチンの3つのロット番号の使用を見合わせるとの発表がありました。これを受け、本学の新型コロナウイルスワクチンの大学拠点接種(職域接種)で使用を予定しているワクチンのロット番号を調べたところ、ロット番号3004734がこれに該当することが判明しました。
 今後、厚生労働省からワクチンの代替品の供給について、別途、連絡が入ることになっておりますので、本学で実施を予定している大学拠点接種(職域接種)第1回目接種(8月28日及び8月29日)の実施可否については、明日8月27日正午までに、お知らせいたします。

※なお、愛媛大学(愛媛大学医学部附属病院)を会場としたワクチン接種は予定通り実施しております。

(参考)
武田薬品工業株式会社/COVID-19ワクチンモデルナ筋注の一部製品の使用見合わせのお知らせ
https://www.takeda.com/ja-jp/announcements/2021/covid-19vaccine-suspension-of-use/

厚生労働省報道発表/新型コロナウイルスワクチンの一部ロットの使用見合わせについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20693.html

PAGE TOP

CLOSE