クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
scroll
重要なお知らせ

ロシア政府によるウクライナへの軍事侵攻について(学長メッセージ)【2022年3月8日更新】

ロシア政府のウクライナへの侵攻によって、ウクライナから当たり前の日常が消え去ってしまいました。主権国家の領土を平然と踏みにじる前近代的なロシア政府の侵攻により、多くの人々が国外に退避するなど、不自由な生活を余儀なくされています。そして、罪のない人々のかけがえのない命が失われ続けていることは、悲しみに堪えません。
 わたしたちがメディアを通して知るウクライナの現状は、けっして他人事ではありません。もし、力による一方的な現状変更が認められるようなことになれば、平和的解決の原則を根底から覆すことになり、欧州のみならず、日本を含むアジア地域は混沌とした状況となり、わたしたちの当たり前の日常も脅かされることになるでしょう。
 大学は、自律した個人が人類全体の英知を向上させるという目的意識の基に集い、人類の未来をよりよい方向へと導く「知」を創造する場所です。「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去」するために、大学の責任はいっそう高まっていると感じます。
 松山大学は、一般市民への人権侵害に強く反対し、国際社会の協力によって一日も早くウクライナ情勢が改善し、人々に平穏な日常が戻ることを願っています。松山大学は、すべての学生と教職員が、互いの違いを受け入れ、尊厳と個性を尊重しながら、学ぶことができる環境を今後も維持していきます。

2022(令和4)年3月8日
松山大学長 新井 英夫

PAGE TOP