クリックするとメニューが開きます
scroll
卒業生メッセージ
MESSAGE
2017年03月10日
法学部法学科

四之宮進さん|日本年金機構(東京都杉並区)

日本年金機構に内定が決まった四之宮君から、これから就職活動を始める皆さんの参考になればと、取材に応じてくれました。

就職先を選ぶ上で、重点をおいていたことはありますか?
私は公共性の高い仕事に就くことに重点をおき就活をしました。初めは漠然と公務員になろうと思っていたのですが、3年次の10月頃に就職について具体的に考え始めると民間企業との両立のスケジュール面での厳しさ、公務員と民間企業どっちつかずの就活にしたくなかったことから公務員試験を断念しました。しかし3月の学内合同説明会で日本年金機構の説明を聞き、公務員試験を受けなくても公共性の高い仕事ができると知りました。そこからは政府系法人、業界団体などを中心に一般の民間企業も並行して応募しました。

選考は基本的には東京での開催だったのでしょうか?
日本年金機構は全国規模であるため、一次選考は全国各所で、二次選考は主要都市3か所で行われました。私は東京を中心に就活をしていたため、選考はすべて東京で応募しました。私が志望していた政府系法人、業界団体などは東京での選考がメインになるため、同じような業界を目指す人はできるかぎり長く東京に滞在できるように準備をしておくとよいと思います。

MTOの存在は知っていましたか?
就職説明会などでMTOのことは知っていましたが、初めて利用したのは5月中旬だったと思います。それ以前にも何度か東京には行っていたのでもっと早く利用しておけばよかったと思います。

MTOを活用してみてどうでしたか?
見知らぬ東京で就活の相談ができる場所があることにとても安心しました。また東京で活躍されている卒業生の交流会にも参加させていただき、そこで先輩方のさまざまな体験談を聞けたことは大きな刺激になりました。

MTOへの要望はありますか?
東京で就活しているとなかなか他の学生の様子を知ることができないので、東京で就活をしている(東京での就活を考えている)松大生の交流会、情報交換会を開いていただきたいと思います。

これから東京で就活をする後輩の皆さんへメッセージをお願いします。
東京での就活は金銭面などさまざまな面で負担は大きいですが、東京と松山では業界、企業の数が大きく異なります。新卒というチャンスを活かして後悔しないように頑張ってください。

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP