クリックするとメニューが開きます
就職情報

就活FAQ

就職活動には疑問・質問がつきもの。松山大学東京オフィスに寄せられた質問と、その回答をジャンル ごとにまとめました。 自分と同じ疑問・悩みを先輩たちも同様に持っていたケースは多いもの。まずは参考にしてみましょう。就職活動をするにあたってわからないことや、疑問点が出てきた時はこのページをチェックしてください。

企業探しに関して

就職活動をはじめようと思うのですが、まず何をすればよいのかが分かりません。

就職活動は自分を知ること、つまり「自己分析」から始まります。
自己分析とは、自分の過去を振り返り、今の自分を見つめなおし、「自分は何ができるのか」、「どんな仕事がしたいのか」、「どのような職業が向いているのか」を考えて、就職活動の方向性を見出すことです。
充分な自己分析を行うことから就職活動を始めてください。
※松山大学『就職手帳2014』の該当ページに自己分析の手順が詳細に記載されているので、一度確認してみてください。

自分にぴったりの会社が見つかりません。

自己分析で「好きなこと」や「やりたいこと」が見つかったからといって、いざ具体的にどんな仕事がいいのかと言われると、見当がつかないのが実情です。
「業界研究」で選択肢を発見し、「職種研究」で働き方を考えて、「会社研究」で自分の思いとマッチする企業を見つけていく。
ステップを積み重ねて、進路を見据えていきましょう。

書類選考に関して

よく「まずエントリー」と耳にするのですが、エントリーってなんですか?

エントリーは就職活動のスタートラインです。
エントリーを受けた企業は、その情報を基に、学生へ様々なアプローチを行います。エントリーとは、企業研究の為の情報収集であり、企業への意思表示であり、採用候補のリストに載ることです。
多くの企業は、インターネットでエントリーを行えますが、ホームページなどで情報がつかめない場合には、直接電話などで問い合わせてみましょう。

エントリーシートのコツを教えて!

紙の上での面接と言われるエントリーシート。なんとか攻略の糸口を見つけていきたいところです。
アドバイスとしては、
・一目見て悪ければ読んでもらえない。
・コンパクトでインパクトを! 最初の3行が勝負!
・エピソードは具体的に。数字や固有名詞をいれてみる
こういったポイントに気を付けて書くと、飛躍的に想いが伝わりやすいエントリーシートになるはず。
企業は「仕事への熱意」、「基本的な読み書き能力」、「人柄」をエントリーシートから感じ取り、面接へ呼ぶ学生を決めなければいけません。
きちんと自分の魅力を伝えましょう。

企業へのアプローチに関して

会社説明会に参加したいと思います。気を付けておくポイントを教えてください。

単独で行う会社説明会では、実質的な1次選考を兼ねているケースが多くなっています。面接や筆記試験が実施されても大丈夫なように、事前にしっかり準備をしておいてください。
企業ホームページなどに掲載されている、「採用活動の流れ」等も十分にチェックして、内定までのスケジュールを確認しておくことをオススメします。

OB・OG訪問は、ご迷惑じゃないでしょうか。

後輩のためには努力を惜しまないという先輩方がたくさんいます。OB・OGキャリアセンターにも相談してみましょう。
首都圏での就職活動を考えている場合には、活躍するOB・OGとのつながりが強い松山大学東京オフィスもアポイントやご紹介など、全力でサポートしますよ!

PAGE TOP