クリックするとメニューが開きます
scroll
社会連携・生涯学習

(講座番号:118)19世紀ロシア文学に見る社会と個人―時代に揺れる愛と青春のものがたり―

概要

19世紀ロシア文学は、世界文学の最高峰ともいわれ、すぐれた作家と作品が数多くあります。時代に翻弄される愛と青春の姿とともに、本講座では、「社会と個人」、とりわけこの時期に問題となる個人主義の姿が浮き彫りとなる場面を取り上げ、登場人物の葛藤する姿を現代の問題と結びつけて考察します。簡単なロシア語も学びます。

講師

藻利佳彦(松山短期大学非常勤講師)

開講日時

10月19日、10月26日、11月2日、11月9日、11月16日、12月7日、12月14日、12月21日(毎週金曜日)
※但し、11月23日、11月30日は除く 16時00分~17時30分(全8回)

定員

20名

受講料

7,200円

対象

ロシアの文化に関心のある方なら、どなたでも受講できます。

講座スケジュール

第1回 プーシキン『エヴゲーニイ・オネーギン』の中の女性像
第2回 レールモントフ『現代の英雄』、主人公ペチョーリンの孤独の実相
第3回 ゴーゴリ『狂人日記』にみる上昇志向の狂気
第4回 ドストエフスキイ『貧しき人々』の中の男性像
第5回 ツルゲーネフ『ルージン』に見る「悲しみ」の力
第6回 トルストイ『青春日記』のなかのエネルギー
第7回 チェーホフ『桜の園』の時代と分岐
第8回 ゴーリキイ『母』における世代間の葛藤

受講申し込み締め切り

2018年9月11日(火曜日)12時00分(必着)

Webでのお申し込み

申し込みは終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お問合せ・お申込先

【お問合せ・お申込先】
松山大学経営企画部 社会連携課内 「松山大学コミュニティ・カレッジ」
〒790-8578 松山市文京町4番地2
http://www.matsuyama-u.ac.jp/
【電話】 089-926-8246(直通)
【ファックス】 089-926-8244
【E-Mail】 mu-renkei@matsuyama-u.jp

PAGE TOP