クリックするとメニューが開きます
scroll
社会連携・生涯学習

(講座番号:203)マーケティング・ゼミナール―ケースに学ぶ「市場関係デザイン」の手法―

概要

今季のゼミナールでは、マーケティング戦略における重要課題である「市場を通じた顧客との関係性」に焦点を当てて、理解を深めていきたいと思います。

今季のゼミナールで取り上げるテキストは、マーケティング学者として著名な石井淳蔵氏が執筆をした『マーケティングを学ぶ』です。本テキストの序章には、いみじくも、マーケティング担当者に横たわる、実に切実な問題が提示されています。

「マーケティング・マネジメントは、一筋縄ではいかない。なぜなら企業経営者やマーケティング担当者が、こうしたいと思っても、市場(生活者や顧客)は思うように動かないからだ。資源を費やした新商品があえなく失敗し、他社を真似て発売した商品が大ヒットする。時間をかけて総力をあげて展開したキャンペーンが失敗し、生活者の口コミの中で静かに広がった評判がその商品を救う。思惑と異なることがつねに起こる。(中略)経営者やマーケターの意のままにはならない市場を相手にする、これがマーケティング・マネジメントの難しさの根源にある。」

現実のビジネスに携わっているマーケティング担当者なら、必ずや共感できる問題提示ではないでしょうか。

本テキストには、先進的な試みをしている企業の様々な事例が紹介されています。本テキストで取り上げられている様々な事例についてみなさんと学び、理解を深めていきながら、先の問題に対する手がかりを、組織的・戦略的工夫に求めてみたいと思います。そして、テキストの理解を通じて、1つでも多くビジネスに役立つ示唆が得られ、受講生のみなさんと共有できることを目指していきたいと思います。

【注意事項】

本講座は、ゼミナール形式で進めていきます。講座では、毎回数名が報告者となって、テキストの該当部分の紹介を行っていただきます。報告者と受講生のみなさんからは、テキスト内容に関連する、みなさんの実務的経験や消費者としての日常的経験をご紹介いただきながら、ディスカッションをしていくことで、理解を深めていくことになります。通常のレクチャー形式の講座スタイルとは異なりますので、ご注意ください。

 

講師

河内俊樹(松山大学経営学部准教授)

開講日時

5月16日、5月30日、6月13日、6月27日、7月11日、7月25日(水曜日) 19時00分~20時30分(全6回)

定員

20名

受講料

5,400円(テキスト:『マーケティングを学ぶ』(ちくま新書)を持っていない方は、別途教材費960円が初回講義時に必要です。)

対象

マーケティングについて関心を持つ方

テキストについて

石井淳蔵(2010)『マーケティングを学ぶ』(ちくま新書),筑摩書房

受講者の方で、本テキストをお持ちの方は、初回授業にご持参ください。まだ、本テキストをお持ちでない方は、初回授業時に販売いたしますので、教材費として960円をご用意ください。

講座スケジュール

第1回 マーケティングの基本について,テキストの紹介,グループ決め 他
第2回 市場志向の戦略づくり
第3回 戦略志向の組織体制づくり(1)
第4回 戦略志向の組織体制づくり(2)
第5回 顧客との接点のマネジメント(1)
第6回 顧客との接点のマネジメント(2)

受講申し込み締め切り

2018年4月19日(木曜日)12時00分(必着)

Webでのお申し込み

申し込みは終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お問合せ・お申込先

【お問合せ・お申込先】
松山大学経営企画部 社会連携課内 「松山大学コミュニティ・カレッジ」
〒790-8578 松山市文京町4番地2
http://www.matsuyama-u.ac.jp/
【電話】 089-926-8246(直通)
【ファックス】 089-926-8244
【E-Mail】 mu-renkei@matsuyama-u.jp

PAGE TOP