クリックするとメニューが開きます
scroll
社会連携・生涯学習

松山大学公開講座 in 高知

主催:松山大学
後援:高知市教育委員会・松山大学温山会・松山大学父母の会・松山大学文京会

日時

2017(平成29)年9月24日(日曜日)13時00分~16時15分

会場

高知市青年センター4階ホール(高知市桟橋通2-1-50)

※会場の駐車場には限りがありますので、なるべく公共の交通機関でお越しください。

対象

一般市民

定員

100名(先着順・聴講料無料)

プログラム

講座(1)

時間 13時00分~14時30分(90分間) 
講師 櫻井 啓一郎(松山大学人文学部教授)(さくらい けいいちろう)
テーマ 身の回りの「ことば」について-キャッチコピーとネーミングを題材に-
概要 日頃私たちが目にし、耳にすることばの謎を考えます。例えばテレビや新聞の広告やCMでお馴染みのキャッチコピーや商品のネーミングがあります。キャッチ コピーやネーミングには、私たちの心をとらえるものや少し考えてしまうものから、全く印象に残らないものまでいろいろです。ではどうしてこのように印象に 残るキャッチコピーやネーミングが存在するのでしょうか?人間の脳内を研究する「言語学」の知識を利用して、謎を解き明かします。

講座(2)

時間 14時45分~16時15分(90分間)
講師 松岡 一郎(松山大学薬学部教授)(まつおか いちろう)
テーマ 科学が解き明かしてきた脳と心の健康の歴史
概要 高齢化の進行とともに認知症が大きな社会問題となり、その一方でさまざまなストレスの増加がうつ病などの精神疾患を顕在化させています。身体を巧み に操るコンピューターとしての「脳」と人の精神を司る「心」は、まさに一心同体です。脳と心の関係を明らかにしてきた科学の歴史をひもときながら、原因の 特定が難しいが故に根本治療ではなく対症療法に頼らざるを得ない現代の脳・神経疾患について考えていきます。

お申し込み方法

受講ご希望の方は、郵便はがき・電話・FAX・E-Mailのいずれかの方法で、「郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号」をご記入のうえ、下記までお申し込みください。複数名で申し込まれる場合も、全員の住所等をご記入ください。受講者確定後(開催日の1週間前)、聴講券を送付いたします。お気軽にお申し込みください。

お問合せ・お申込先

〒790-8578 愛媛県松山市文京町4番地2
松山大学社会連携事務室「松山大学公開講座in高知」係  
担当者:村井・高瀬
電話:089-926-8246(直通) ファックス:089-926-8244 E-Mail:mu-renkei@matsuyama-u.jp


※お申し込みいただいた方の個人情報は、本講座の聴講券送付・問い合わせ業務および今後の公開講座の案内のみの利用とさせていただきます。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
社会連携事務室
電話
089-926-8246
PAGE TOP