ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高大連携プログラム 【高校への出張講義】

高大連携プログラム 【高校への出張講義】

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月23日更新

高校への出張講義

 松山大学では、高校・大学間における教育接続の試みとして、松山大学の教員が直接高等学校へ出向き、高校生を対象に下記のテーマで模擬授業を実施しております。
 出張講義をご希望の場合は、出講希望者氏名、希望日時を松山大学出張講義申込書[PDF]にご記入の上、入試課までご連絡ください。
 なお、出講者につきましては、本学の授業、学校行事等により、ご希望に添えない場合がありますので予めご了承ください。

2016年度 出張講義テーマ一覧

学部
学科
氏名職名専門分野(キーワード)テーマ
経済学関連
経済井草 剛准教授経済統計学、社会学、経営学・統計の初歩
経済掛下 達郎教授金融論・日本経済のゆくえ―世界金融危機をめぐって―
・クレジット産業と消費社会―今治、桜井から―
経済熊谷 太郎教授法と経済学、経済政策、契約理論・公共事業、途中で止めるともったいない?
・道路整備を国が行うのはなぜ?
経済張 貞旭教授環境経済学、地方財政論、法経済学・福島第一原発事故の現状と展望
経済松浦 一悦教授国際経済学、国際金融・世界経済の見方を学ぶ
経済間宮 賢一教授理論経済学・「経済効果」って何ですか?
経済安田 俊一教授理論経済学・経済学部と経営学部は何が違うか?
・ゲーム理論の世界
短大谷口 裕亮准教授アフリカ経済
開発経済学
・The クイズ de 経済学
経営学関連
経営苅谷 寿夫准教授経営組織論・経営学部で学べばカネが稼げる?
 ―経営学部とはどんな学部なのか―
・企業間の2つの競争
 ―製品の競争と仕組みの競争―
経営田村 公一教授マーケティング・マネジメント・日本企業の国際マーケティング
・為替レートと企業行動
経営中村 雅人教授保険論、リスクマネジメント論・保険の基礎
経営丹生谷 吉昭教授情報科教育法・情報モラル
経営古山 滋人准教授品質管理
データ分析
・経済・経営・商学部の学び
・年齢と給与の関係
・知られざる食品表示の世界
・「数学I:データの分析」の勘所
経営松田 圭司教授ロボット工学、制御工学・第四次産業革命と生産社会(モノづくり)
社会学関連
人文
社会
池本 淳一講師スポーツ社会学、地域社会学、
比較社会学(中国・台湾)、
武道史
・スポ―ツから学ぶ社会学
・アクティブに学ぼう!社会学入門
人文
社会
市川 正彦教授地域社会学、政治社会学・日本の選挙制度の仕組みと特徴~政治社会学入門
・人口推計の方法と地方創生~地域社会学入門
人文
社会
小松 洋教授環境社会学、社会調査法・環境のこと、社会のこと
 ―社会学と環境問題・環境共生―
・社会調査で何がわかるのか
人文
社会
中谷 陽明教授社会福祉学・ソーシャルワーカーとは何をする人か?
・少子高齢社会とは
人文
社会
永野 武教授国際社会学、民族問題・社会調査で何がわかるか
・統計で騙されないための統計学
人文
社会
水上 英徳教授社会理論、社会思想・高校生のための社会学入門
 ―社会学の歴史から考える―
人文
社会
山田 富秋教授社会学、エスノメソドロジー・薬害エイズ事件
・ライフヒストリ―(生活史)研究法
政治学関連
伊藤 信哉准教授日本政治外交史、国際政治学・国連は役立たずの組織か?
・よい政治家の選び方(政治家の資質と選挙制度)
遠藤 泰弘教授政治学、 基礎法学、 思想史、
公法学、 西洋史
・高校生の政治活動「届出」制の問題点
・安全保障関連法の制定―何が問題なのか?―
甲斐 朋香准教授行政学・投票に行こう!?
・考えよう、これからのまちづくり
法学関連
妹尾 克敏教授憲法学、行政法学、行政学、
地方自治法学
・「安保法制」と「憲法改正」―戦争は避けられない?
・「都道府県」は消滅する?―「道州制」の可能性
銭 偉栄教授法定解除、成年後見制度 ・未成年者と契約
・未成年者と不法行為責任
服部 寛准教授基礎法学・法律の解釈と限界に関する諸問題
牧本 公明准教授憲法、表現の自由・憲法とはなんだろう?
 ―我々と憲法の関係について―
・個人主義と利己主義の相違
 ―憲法が考える「個人の尊重」とは?―
松田 龍彦准教授刑事訴訟法・市民にとって刑事裁判は対岸の火事か
・裁判は何のためにあるか
 ―主に刑事裁判を題材にして―
明照 博章教授刑事法学・法学部で学ぶこと!
 ―法学部学生に期待される能力
・法律学とはどんな学問か?
 ―対話(論争)と共生(強制)
村田 毅之教授労働法、社会保障法・働くときに知っておきたい労働法
渡辺 幹典准教授民法(財産法)、動産譲渡担保、
成年後見制度
・高校生と契約の関係
 ―『親のハンコ』が必要なワケ―
・悪徳商法対策講座―法律の使い方―
情報関連
経営檀 裕也教授数理解析・プログラミング入門
・映像表現の最先端
経営成瀨 一明教授社会システム工学、
計算機システム・ネットワーク
・ネットショッピング―お得?安全?その仕組みは?―
・情報セキュリティ
 ―安心して学び、遊び、暮らすために―
経営松田 圭司教授ロボット工学、制御工学・人工知能と情報化社会
言語・文学関連
経済黒田 晴之教授ドイツ文学・こんな民族がいる―ヨーロッパのなかのユダヤ人
・ビデオから知るドイツの生活
経営安積 みづの准教授フランス文学・フランスの読書教育
・フランス語入門
経営細川 美苗准教授イギリス文学・英文学講義
人文
英語
櫻井 啓一郎教授言語学・英語学・キャッチコピーを考えよう
 ―どうしたら消費者の関心を惹くことができるだろうか?
・「ことば」をちょっとだけ科学してみませんか?
 ―心に思うことと口で発することばの違い
人文
英語
辻 祥子教授アメリカ文学・アメリカの奴隷制について
・アメリカのジャポニズムについて
新井 英夫准教授英米文学・英語系学部・学科では何を学ぶのか
・ハリーポッターとイギリス文化
伊藤 亮平講師中世ドイツ文学・中世ドイツの騎士文学
・夢を見る中世ドイツの人々
国際事情・海外文化関連
経済舘野 日出男教授比較文学、
ドイツ文学、ドイツ思想
・ドイツ統一と韓半島統一
経営松尾 博史教授ドイツ文学、ドイツ語教授法・ドイツの環境政策
人文
社会
孟 子敏教授中国語学・中国の若者文化について
・20世紀後半の日中関係について
短大
学長
上杉 志朗教授経営情報論・アメリカ・オーストラリアの大学で学ぶ
自然科学関連
経済久保 進教授形式言語学、
語用論(特に言語行為理論)、
語彙論、形態論
・幼児のことばの習得
・高齢化とことばの喪失
人文科学関連 その他
経済矢野 由久教授公民科教育、人権教育・ライフステージと人権
・法教育の取組から―わたしたちと法―
短大杉本 秀樹教授農学・卒業研究・卒論作成について(理科系)
薬学関連
学部
学科
氏名職名研究室テーマ
秋山 伸二准教授臨床薬学・日本の医療、愛媛の医療
明樂 一己教授薬品分析化学・身近な存在“薬と放射線”
天倉 吉章教授生薬学・漢方薬のパラダイムシフト
・食の安全・安心を科学的に解析する
岩村 樹憲教授医薬品化学・聞く(効く?)サプリメント・健康食品の話:
 CMに惑わされないために
・危険ドラッグ:本当にあぶない訳(科学)
川﨑 博己教授医薬情報解析学・生活習慣病の薬物治療
・血管と薬
河瀬 雅美教授有機化学・“クスリ”の世界を分子で解き明かす
 ―効き方・見つけ方―
栗原 健一准教授有機化学・“クスリ”を斬る
酒井 郁也教授病理病態学・がんとくすり
坂本 宜俊講師製剤学・「ミクロの決死圏」は実現可能か?
相良 英憲准教授医薬情報解析学・こころに効く薬の話
柴田 和彦教授医薬情報解析学・肺年齢と喫煙
・体の中にくすりの素がかくれている
田邊 知孝講師衛生化学・毒について考える
玉井 栄治准教授感染症学・感染症との闘い ―見えない敵と魔法の弾丸―
中西 雅之准教授生化学・生命とエネルギー
・寄生生物との攻防
中村 真准教授生理化学・クラゲの研究でノーベル賞に輝いた日本人
 ―下村 脩と緑色蛍光タンパク(GFP)
奈良 敏文准教授生物物理化学・光にまつわる身近な物理の話
難波 弘行教授臨床薬学・花粉症(特にスギ花粉症)の諸症状と治療について
・知って得するタバコの問題
 ―タバコの害と楽な禁煙方法―
野元 裕教授生化学・クスリとタンパク質
・タンパク質の一生
橋本 満准教授薬剤学・飲み合わせの恐怖 ―薬が効かなくなる、毒になる―
・飲んだ薬はどうなるの?―薬の動きは効果に影響する―
畑 晶之准教授薬品物理化学・コンピュータを用いた化学反応実験
・たんぱく質の構造から生物を学んでみる
舟橋 達也教授衛生化学・食中毒を防ぐには―食中毒の基礎知識とその予防法―
古川 美子教授薬理学・脳と心のからくり
 ―脳のしくみを知って元気はつらつ!!―
牧 純教授感染症学・身近な寄生虫感染
・薬と健康の歴史
松岡 一郎教授生理化学・ニューロンの生と死 ―脳の中の宇宙―
水間 俊教授薬剤学・飲んだ薬は体のどこへ行く?いつまで体内にあるの?
見留 英路准教授薬品分析化学・どうして体に効くのかな? ―有効成分の分離―
山内 行玄准教授薬品物理化学・薬はどうやって出来るのか?
山口 巧教授医療薬学・スポーツとくすり ―ドーピングって知ってますか?―
湯淺 宏教授製剤学・化学物質を皆さんの使う“クスリ”にする
好村 守生講師生薬学・もっと知ろう薬用植物

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)