ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平田選手(経済2年)が6大会連続優勝―中国四国学生室内テニス選手権大会―

平田選手(経済2年)が6大会連続優勝―中国四国学生室内テニス選手権大会―

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月12日更新

中国四国学生室内テニス選手権大会の様子中国四国学生室内テニス選手権大会の様子 平成28年度中国四国学生室内テニス選手権大会が、平成29年1月7日(土曜日)から1月10日(火曜日)の間、広島市・広島広域公園テニスコートにて開催された。同大会は平成28年度の中国四国地区の上位選手のみが出場できるもので、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 男子シングルスでは平田龍一選手(経済2年)が、圧倒的強さで優勝し、入学以来の中国四国地区大会連続優勝記録を6大会へと伸ばした。
また、男子ダブルスで藤井大貴(経済3年)・平田龍一組が、女子ダブルスで門屋沙織(経営2年)・武田真紀(経営2年)組が準優勝するなど、全種目において本学勢が好成績を収めた。
 平田選手は、「中四国地区の大会での優勝に満足することなく、全国大会上位進出を目標として、これからの日々の練習に励みたいと思っています」と力強く語ってくれた。

(写真左:平田選手、写真右:門屋選手)

本学選手の成績

【男子シングルス】
優勝:平田龍一(経済2年)

【男子ダブルス】
準優勝:藤井大貴(経済3年)・平田龍一(経済2年)
ベスト4:村川祐太(経済2年)・渡邊康平(法2年)

【女子シングルス】
ベスト4:門屋沙織(経営2年)

【女子ダブルス】
準優勝:門屋沙織(経営2年)・武田真紀(経営2年)
ベスト4:白川愛(経営3年)・石川茉奈(香川大学3年)