ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学生支援室

学生支援室

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新


学生支援室PIER

学生支援室とは?

 学生支援室は、2012年1月に8号館3階の談話室内に開設され、現在、大学生のなんでも相談窓口となっています。学生一人ひとりに充実した学生生活を送ってもらえるよう、勉強に関する相談や、学生生活を送る上での些細な疑問、質問、悩みの相談等にお応えしています。必要に応じて他部署とも連携を図りながら、サポート体制を整えています。
 普段は、学生支援室の部屋は、学生のフリースペースとしても開放しており、今日多くの一般学生が利用しています。

学内サポート体制

学生支援室が中心となって、すべての部署と連携してサポートする体制を整えています。

学生支援室   学生支援室の様子

開室時間・場所

場所3号館1階
開室時間8時30分~18時00分(土・日曜、祝日はお休みです)
※夏季休暇期間のみ 9時00分~16時00分
電話089-926-8212(直通)
E-mailmu-gaksup@matsuyama-u.jp

学生スタッフによるサポート活動について

 学生支援室では、学生による学生のための学生生活支援をモットーに2つの学生団体(学生支援団体PIER、障がい学生支援団体POP)が活動しており、学生が主体となって企画・運営しています。より多くの学生が学生生活を快適に、より充実して送るためのサポート活動を行っています。

学生支援団体PIER(ピア)

 主なサポート活動として、新入生の履修相談、オープンキャンパスでの高校生の案内、イベント(入学式・大学祭)での取材、災害復興支援募金活動等があります。また学生生活を送る上で、困ったことや悩み相談にも先輩たちが応じ、学生同士が協力してサポートを行っています。

2015年度PIERの活動状況

 活動名内容
4月履修相談新入生対象に履修相談を行う。
学内誘導学内において、ガイダンスが行われる期間と授業初日に、学内誘導を行う。
新入生インタビュー入学式において新入生対象にインタビュー実施。学生支援室内で放映。
5月松山大学・愛媛大学硬式野球定期戦応援旗づくり企画硬式野球部の定期戦における企画イベントとして、来場者に自分の夢を記入してもらう旗を作成。
7月東日本復興支援プロジェクト(ワークショップ)大学の防災マップとマニュアルを作成。マップとマニュアルを募金活動時、学内にて配布する。
東日本復興支援プロジェクト
(募金活動)
学内、高島屋前にて募金活動を行い、日本赤十字社に寄付をする。
ピアスタッフ研修ピア学生スタッフが下級生に対し、研修を企画・実施。ピアの組織について話し合い、グループワークを通し、活動の企画立案を行う。
8月オープンキャンパス来場の高校生に様々なアドバイスを行う。
9月後期科目履修相談後期科目履修組み換えの相談対応。
11月社会人と学生との交流会松山大学OBOG 6名を招き、交流会を行う。
温山会との合同企画として実施。
授業アンケート・ディスカッションピアスタッフ対象に、授業に関するアンケートを実施。学部に分かれて、ディスカッションを行う。
2月ピアスタッフ研修新年度を迎えるにあたり、今後もピアが継続的に活動できるよう、再度、ピアの理念、ビジョン、行動指針について考え、組織体制を整えるための話し合いを行う。

学生支援団体ピア活動報告

学生支援団体ピア活動報告

障がい学生支援団体POP(ポップ)

 障がいのある学生が障がいのない学生と同じように学び、豊かな学生生活を送ることができるよう、要支援学生に応じたサポートを考え活動に取り組んでいます。学生生活及び修学の支援としてノートテイクやパソコンテイク、手話、筆談等の支援を行っており、入学式・卒業式でのパソコンテイクをはじめ、オープンキャンパスにおいても、障がいを持った来場者へのサポート等行っており、日々、POPの学生スタッフが活躍しています。
また、ノートテイクの技術向上や全国手話検定の受験を目指し、愛媛大学と松山大学の支援学生を対象に合同スキルアップ講習会を実施したり、専門講師を招き、グループワークを通じながら障害の特徴や必要とされる支援方法について学んでいます。
 そして、毎年、日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(PEPNet-Japan)にも参加し、取り組みや活動状況の発表も行っています。

2015年度POP合同スキルアップ講習会開催状況

 開催月内容会場
第1回7月PC、ノートテイク愛媛大学
第2回7月PC、ノートテイク愛媛大学
第3回11月PC、ノートテイク愛媛大学
第4回12月肢体不自由介助松山大学
第5回12月PC、ノートテイク愛媛大学
第6回1月発達障害理解松山大学(教職員も参加)

卒業式パソコンテイク 授業パソコンテイク 手話の練習の様子

各種セミナーの開催

セミナーの様子 学生支援室では、学生生活を送る上で必要なこと、社会人として巣立つために必要なことなど、学生のニーズに合った様々なテーマについて外部より講師を招聘し一般学生を対象に各種セミナーを開催しています。

 

 

 

 

学生支援室セミナー <2015(平成27)年度 実施>

名称内容
「アロマセミナー」アロマを調合し、アロマボディセルフケアオイルやアロマリフレッシュナーの作成を行う。
講師:経済学部教授 松井名津氏

学生・教職員を対象とした講演会の開催

学生支援室では、年に数回、講演会を開催しています。

講演会(FD・SD)<2015(平成27)年度 実施>

No.名称期間内容
1第1回障がいのある学生の修学支援に関するFDSD講演会11月12日「障がいのある学生への差別禁止と合理的配慮」 東京大学先端科学技術研究センター 准教授 近藤 武夫 氏
「差別的取り扱いの禁止」と「合理的配慮の提供」という考え方について、国際比較を交え、国内の障がい学生支援の状況を知る。
2第2回障がいのある学生の修学支援に関するFDSD講演会1月12日「情報保障と合理的配慮」
愛媛大学 教育学生支援部 学生生活支援課
バリアフリー推進室 太田 琢磨 氏
「発達障がいの理解と支援について」
松山大学学生支援室 非常勤相談員 岡本紀子氏

障がいのある学生等への支援について

 学生支援室では、身体障がいや発達障がいなど障がいのある学生や大学生活にしづらさをもつ学生が、安心して大学生活を送ることができるよう、関係する各部署の教職員と連携を図りながら支援をしています。
 大学生活は、高校までのパターン化された日課もありません。そのため、学生自身が授業を含め日々の生活の計画をしていく必要があります。このような中で大学生活の課題を計画的にこなしていくのはストレスにもなります。
「困りごと」や不安など、学生一人ひとりさまざまですが、自分だけで抱え込まないように学生支援室までご相談ください。
学生一人ひとりと対話をしながら、支援できる内容を一緒に考えていきます。
相談に関する内容等は、秘密厳守いたしますので安心してご相談ください。