資料請求 松山大学サイト

学部・学科

Academics

法学部法学科

社会生活を営む上で欠かせない
法律学と政治学を追究する!

どんな学部?

日本は法律によってあらゆることが決められている法化社会。法律学の基本である憲法、民法、刑法などを学び、法化社会を生き抜くために必要なリーガルマインド(法律の適用に必要とされる柔軟かつ的確な判断力)を養うことを目指す学部。法曹界のみならず、様々な分野で活躍できる力が身につきます。図書館には法・政治情報に関するたくさんの判例集やデータベースなどを整備。快適な学習環境のなか、自ら積極的に動いて学びを深められます。


どんなことが身につく?

法律や政治に関わる文章の読み書きができ、法律用語や政治用語を用いてコミュニケーションをとることができる能力を身につけます。そのため全学年で少人数制のゼミを開講。1年次に全コース共通必修科目を修得した後、3つのコースから将来の進路を見据えて選択。法曹界や公務員(法律職)を志す人は「司法コース」、民間企業への就職を志望する人は「法律総合コース」、公務員(行政職)を志望する人は「公共政策コース」へ進みます。


将来はこんな活躍!

各業界で発揮できる「リーガルマインド」
いざというときに法学の知識を役立てよう

法律に関する知識、六法全書を読み込んだ経験、リーガルマインドおよびその運用能力を生かして、社会の各方面で活躍できます。国家公務員・地方公務員のほか、司法書士、公認会計士、税理士、行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を取得した卒業生も多数。また第一種教員免許取得のための科目を履修することにより、中学校の社会、高校の地理歴史、公民の教諭を目指すこともできます。

こんな人にオススメ!

法曹界や公務員(法律職・行政職)を目指す人。リーガルマインドを身につけたい、例えば非常事態のような「柔軟に行動しなければならない場面」にも対処できる確かな実践力を養いたいなど、法律という共通の“言語”をよく知ることにより、公務・民間問わず活躍したい人にもオススメです。そのため、きちんと筋道を立てて考えたり、相手の価値観を理解した上で客観的に物事を判断したりすることができる能力の育成が求められます。