クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

内部質保証の取り組みについて

松山大学内部質保証の取り組み

1.松山大学内部質保証システムについて

松山大学内部質保証は、教育・研究活動、特に「学位プログラム」の設計・管理・評価・改善のPDCAサイクルを組織間で連携・協力し恒常的に推進する。
 システムの運用として、学部・研究科・委員会・事務局(以下「各部局」という。)は、構成員との連携・協力のもと各部局内で自己点検・評価を行い、部局自己点検・評価報告書(※1)を作成する。次に松山大学自己点検・評価実施委員会にて、部局自己点検・評価報告書に基づいて全学自己点検・評価報告書(※2)を作成し、学校法人松山大学自己点検・評価推進委員会にて総括する。その後、学校法人松山大学外部評価委員会にて、第三者の視点から点検・評価を経て、その結果に基づき、全学的な教学マネジメントを行う教学会議において教育課程の編成等を策定し、各部局、構成員とともに実施検証する。また各部局は、部局自己点検・評価報告書を踏まえて、改善行動計画書(※3)作成し内部質保証を継続的に推進する。さらに各教員は「教員の教育研究活動に関する自己点検・評価ガイドライン」に基づき、教員活動自己点検・評価表(※4)を作成し、教員個人及び各部局の諸活動の改善のために活用して、教育の質向上に努める。(※1~4の詳細は以下を参照)

2.取り組みに対する報告書について

  1. 部局自己点検・評価報告書(※1)
    対象期間:3年に1回実施(2018年度より施行)
    概要:2018年度より各部局が構成員と連携・協力し「現状説明」「長所・特色」「問題点」「全体のまとめ」「点検・評価」「次年度に向けた改善行動計画」について取りまとめ、各部局内で自己点検・評価を実施し、恒常的かつ継続的に質の向上を図る。なお、この報告書は第3期大学評価の申請時の根拠資料となる。
  2. 全学自己点検・評価報告書(※2)
    対象期間:3年に1回実施(2018年度より施行)
    概要:2018年度に各部局を対象に実施する「部局自己点検・評価報告書」を総括し、全学的な報告書を作成することで、恒常的かつ継続的に全学的な教学マネジメントを推進させる。なお、この報告書は最終的に大学基準協会への申請書類の基となる。
  3. 改善行動計画書(※3)
    対象期間:上記(1)(2)作成後2年実施(2019年度より施行)
    概要:2019年度より全学・各部局を対象に(1)(2)の結果を踏まえた2ヵ年の改善行動計画を策定し、教育研究活動等が適切な水準となるよう自らの責任において、継続して点検・評価に取り組む。
  4. 第2期改善行動プラン
    対象期間:3年間実施(2017~2019)
    概要:2014年3月に提言を受けた改善勧告3項目、努力課題4項目について、2017年7月に「改善報告書」を提出し、2018年5月に「検討結果」を受領した。改善報告については、意欲的に取り組んだ結果が評価されたが、引き続き検討を重ね、より一層の改善に尽力し不断の改善・改革に取り組むことを期待されているため、提言を受けた事項に対して引き続き3年間改善活動を実施する。
  5. 教員活動自己点検・評価表(※4)
    対象期間:毎年度実施(2018年度より施行)
    概要:教員の教育研究活動等に関する自己点検・評価は、その活動の維持・改善・向上のため、教員自らが意欲的に取り組むことを目的とし、別紙教員の教育研究活動に関する自己点検・評価ガイドラインに従って任意で実施する。
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
学長事務室・自己点検支援室・IR室
電話
089-926-8208
PAGE TOP