クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
大学案内

内部質保証の方針について

松山大学内部質保証の方針

1 方針

本学の校訓「三実」の精神(教育理念)に基づく合理的精神と独立の精神を育む教育の実践と地域の発展に有為な人材を養成し、次代を切り拓く「知」の拠点たる役割を果たしていくため、自らの責任において教育研究活動等の状況について点検及び評価を行い、その結果に基づき恒常的かつ継続的に改善に取り組むことで教育の質の保証及び向上を目指す。さらに、その結果を公表することで社会に対する説明責任を果たしていく。

2 責任・役割
  1. 本学の内部質保証に責任を負う組織は、学長の下に設置する松山大学教学会議(以下「教学会議」という。)とする。さらに、内部質保証を推進する組織として、松山大学教学推進室(以下 「教学推進室」という。)を置く。教学会議は、全学的な教学マネジメントの推進、自己点検・評価結果に基づく改善事項の審議及び実施指示の役割を担う。教学推進室は、全学に関わる自己点検・評価の実施計画の策定、全学自己点検・評価結果に基づく検証を行い、改善活動の支援、進捗管理を行う。また、全学自己点検・評価の実施及び報告書を作成するため、教学推進室の下に分野ごとの部会から構成される部会会議を置く。部会は当該分野の自己点検・評価を全学的な観点から行う。
  2. 学部・研究科・委員会・事務局(以下 「各部局」という。)は、各部局の長の責任の下、自己点検・評価を行い、各部局における構成員(以下「構成員」という。)が連携・協力して改善・向上に取り組む。
  3. 組織的なFD・SD活動や研修会等を通じて、教職員自らが内部質保証を推進する担い手となり、教育研究活動等の質の向上に努める。
  4. 教員は自己の教育研究活動を自ら点検・評価※4することで、その活動の改善及び向上を図り、教育研究の質を保証する。
  5. 学校法人松山大学外部評価委員会は、本学の自己点検・評価の客観性、公平性を担保するため、自己点検・評価活動に関する検証を行う。
  6. 構成員、各部局及び教学推進室が連携・協力し、本学の内部質保証システムを有効に機能させる(【松山大学内部質保証システム概念図及びPDCAサイクル】図参照)。
3 手続・運用
  1. 各部局は、自己点検・評価を行い、部会会議へ報告するための部局自己点検・評価報告書※1を作成する。
  2. 部会会議は、部局自己点検・評価報告書に基づき、部会ごとに点検・評価報告書を取りまとめ、全学自己点検・評価報告書※2を作成し、教学推進室へ報告する。
  3. 教学推進室は、部会会議からの全学自己点検・評価報告書に基づき、全学的な観点からの点検・評価を行い、その結果を学長へ報告する。
  4. 学長は報告を受けて、改善が必要な事項を整理し、教学会議の審議を経て、各部局へ改善実施の指示をする。各部局は、当該事項に対する改善計画※3を策定し実行する。
  5. 教学推進室は、各部局の改善活動の進捗状況を定期的に把握し、必要に応じて適切な支援を行うことで改善活動を実質化させるとともに全学的な内部質保証を推進する。
  6. 教学推進室は、本学の社会的責任を果たすため、自己点検・評価結果を公表する。
  7. 学校法人松山大学外部評価委員会は、本学の自己点検・評価活動の客観性及び公平性を担保するため、第三者の視点から全学自己点検・評価報告書及び評価システム全般に対する評価及び提言を行う。
  8. 内部質保証システムの適切性について教学推進室が定期的に点検・評価を行う。
4 内部質保証推進の根拠となる報告書
  1. 部局自己点検・評価報告書 ※1
    対象期間:3年に1回実施
    概  要:各部局が構成員と連携・協力し「現状説明」「長所・特色」「問題点」について取りまとめ、各部局内で自己点検・評価を実施し、報告書を作成する。
  2. 全学自己点検・評価報告書 ※2
    対象期間:3年に1回実施
    概  要:部局自己点検・評価報告書を基に、部会の分野ごとに取りまとめを行い部会会議において全学的な観点から全学自己点検・評価報告書を作成する。教学推進室は、全学自己点検・評価報告書に基づき点検・評価を行い学長へ結果を報告する。
  3. 教育改善活動ポートフォリオ ※3
    対象期間:上記(1)(2)の実施後及び随時
    概  要:改善事項毎に各部局は、「改善目標」「活動計画」「活動結果」を策定し、改善目標の達成に向けて継続的な取り組みを行う。教学推進室は各部局が作成する教育改善活動ポートフォリオに基づき、各部局との協議を随時行うことで各部局の改善活動を継続的に支援する。なお、教育改善活動ポートフォリオは点検・評価の結果に基づく改善活動のほか、大学の教育研究活動の質を向上させるための取り組みにおいても活用する。
  4. 教員活動自己点検・評価表 ※4
    対象期間:毎年度実施
    概  要:教員の教育研究活動等に関する自己点検・評価は、その活動の維持・改善・向上のため、教員自らが意欲的に取り組むことを目的とし、別紙「教員の教育研究活動に関する自己点検・評価ガイドライン」に従って任意で実施する。
5 関連規程
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教学推進課
電話
089-926-8208
PAGE TOP