クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

法学部法学科

教学に関わる3つの方針 【法学部法学科】

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

   法学部は、校訓「三実」の教育理念のもと、法化社会、すなわち、必要最小限の規制以外は自由とし、何らかの紛争が生じた場合、究極的にはそれがすべて裁判所に持ち込まれることを前提に準備がなされなければならない社会の深化を前提として、リーガル・マインド(法的思考能力及び法的判断能力)を体得し、以下に掲げる知識・能力・態度を身につけたと認められる学生に「学士(法学)」を授与します。

  1. 法律又は政治にかかわる文章を論理的かつ客観的に読み、その内容を正確に理解することができる。
  2. 他人が法律又は政治に関する専門用語を用いて述べた発言の内容を正確に理解することができる。
  3. 在学中、とりわけ専門演習において修得した知識及び体得した思考方法に従って、自分の考えを他人に文章及び口頭で正確に伝達することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)カリキュラムマップはこちらから

   法学部のディプロマ・ポリシーは、学生が深化する法化社会の一構成員として活躍するために必要なリーガル・マインドを身につけることを目標とします。リーガル・マインドは、複雑な社会的事象とその変化、そこに発生する様々な問題(不合理性)を発見し、その法的解決策を思考し、導き出すプロセスを積み重ねることによって体得してゆくものです。リーガル・マインド体得プログラムを体系化するために、以下のカリキュラム・ポリシーを策定し、それに基づく教育を実施します。

  1. 教養科目及び他学部の科目を履修することによって、現代社会において活躍するために必要な教養や基礎能力を修得する。
  2. 近代以降に確立した学問体系に従って配置された法学部の専門科目を履修することによって、現行制度に基づく紛争処理方法とその限界を認識する。
  3. 法学部の専門演習を履修することによって、過去に発生し、又は将来発生しうる紛争と法に基づく処理の過程を繰り返し追体験し、もって法的思考方法および法的判断能力を体得するとともに、現行制度に基づく紛争処理方法の限界を乗り越える方法について模索する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

法学部は、法律又は政治にかかわる文章を論理的かつ客観的に読み書きすることができ、これらの分野で一般的に用いられる法律又は政治に関する専門用語を用いてコミュニケーションをとることができる能力を身につけた人材を育成するため、次のような入学者を求めています。

  1. 高等学校で履修する範囲の基礎学力を有している。
  2. 高等学校卒業程度の文章や発言について、その内容を正確に理解することができる。
  3. 高等学校までの課程で体得した思考力及び思考方法に従って、自分の考えを他人に文章及び口頭で正確に伝達することができる。
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP