クリックするとメニューが開きます
scroll
学生生活

多要素認証

多要素認証について

多要素認証とは、ログイン時にIDとパスワードだけでなく、別の情報を加えることにより、より安全な認証を実現する認証方法です。これにより、何らかの方法で他人がIDとパスワードを入手した場合でも、アカウントの不正使用を防ぐことができます。セキュリティ強化のため、今後、本学で利用する各種サービスの認証を多要素認証に順次切り替えていきます。

松大アカウント

松大アカウントとは、松大Gmailアドレスとパスワードから成るアカウントです。従来の教職員/学籍番号アカウントとは異なります。既に学内ポータルや松大Gmail、office365のログインに導入しています。
これらのサービスを利用する際には多要素認証が必須となりますので、各自で設定をお願いします。また、機種変更等で多要素認証を設定している端末が変わるときに備え、複数の端末に多要素認証を設定することも可能となっています。
松大アカウントに対応しているサービスはシングルサインオンが可能となります(1つのサービスにログインすれば、他のサービスはログイン不要で利用できる)が、各サービス毎にログアウトが必要です。

(注意)moodle, ネットワーク認証、学内無線LAN等の認証は従来と変更ありません(2019年度時点)。

多要素認証に必要なもの

利用者が所有する電話番号、携帯電話、スマートフォン等が必要です。
松大アカウントで認証した後の2段階目の認証方法として、以下の4つの方法が利用できます。
※利用には、少なくとも1つ以上の設定が必要です。

SMS受信

登録した電話番号にSMSが送信されます。SMSに記載された6桁のコードをログイン画面に入力することで認証されます。

アプリ(コード)

登録したスマートフォンアプリに表示される6桁のコードをログイン画面へ入力することで認証されます。
※アプリの入手方法は以下のマニュアルを参照してください。

アプリ(通知)

登録したスマートフォンアプリに通知が表示されます。「承認」をタップすることで認証されます。
※アプリの入手方法は以下のマニュアルを参照してください。

音声着信

登録した電話番号に着信があります。音声に従って操作することで認証されます。
※多要素認証は複数登録可能です。普段使用している方法とは別の方法で認証する場合は、ID/パスワードを入力後のログイン画面で「別の方法でサインイン」をクリックし、希望する方法を選択してください。

多要素認証の設定方法(※設定必須)

マニュアル(固定電話、携帯電話、スマホ、タブレットを使用できない場合はこちら

多要素認証の変更方法

マニュアル

パスワードを忘れた場合(セルフパスワードリセットによる初期化)

松大アカウントのパスワードを忘れた場合、セルフパスワードリセットにより各自でパスワードを初期化できます。セルフパスワードリセットとは、事前に登録した電話番号やメールアドレスを利用してパスワード初期化を行うサービスです。セルフパスワードリセットは、多要素認証を設定していないと利用できません。
セルフパスワードリセットの方法
パスワードを忘れた場合に備えて、セルフパスワードリセットの設定をしておいてください。
セルフパスワードリセットの設定方法
(注意1)セルフパスワードリセットができない場合、パスワード再発行の手続きと手数料が必要です。
(注意2)セルフパスワードリセットで指定するメールアドレスには松大Gmail以外のメールアドレスを登録してください。

パスワードの変更方法

マニュアル

【重要】不正アクセスに関する注意点

本人がログインしようとしていない時に多要素認証の承認を求める通知があった場合は無視してください。その場合は、松大アカウントのID/パスワードが第3者に漏えいしている可能性が高いため、すぐにパスワードを変更してください。
もし、承認操作を行った場合は、以下の手順を実行後、情報センター課までご連絡ください
https://myapps.microsoft.com/からログインします。
・右上の人型のアイコンをクリックし、プロファイルをクリックします。
・「すべてからサインアウト」をクリックし、「はい」をクリックします。
(注意)
不正ログインが行われた場合、「該当アカウントの一時停止」、「強制ログアウト」、「パスワードリセット」等の対処を行うことがあります。

【重要】多要素認証の注意点

・共用、共有の電話番号や端末は利用しないでください。
・多要素認証を設定しているスマホ等を紛失した場合は、情報センター課までお知らせください。
・電話番号の変更や、スマホ等の機種変更を行う場合は、変更前に多要素認証の設定追加を行う等、ログインできなくなることがないようにご注意ください。

多要素認証Q&A

こちらをクリックしてください。

PAGE TOP