クリックするとメニューが開きます
国際交流

春季

学生海外語学研修助成制度(春季)要項

研修地 英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏、スペイン語圏、中国語圏、韓国語圏
研修期間 春季休暇中 3週間以上8週間以内
45時間以上(実研修15日以上)の研修を行う。
参加対象 各学部・1年次生から3年次生まで
定員 11名(英語圏:5名程度・非英語圏:各言語若干名)
選考 応募者は、本学が指定する当該言語に関する検定試験を受け、その試験成果の証明書、申込書、研修機関等が記載された書類、志望理由書(本学所定のもの:1,500字以内)を提出しなければならない。国際センター運営委員会が面接等による選考を行う。
単位認定 卒業に必要な単位として語学研修時間相当分の単位が認定される場合がある(6単位を上限とする)。

助成金

400,000円を上限とし、大学が助成する。ただし、地域によって金額が異なる場合がある。 

特徴 

  • 滞在方式については学生本人が決定する。
  • 学生は、本人の責任において渡航準備から帰国までの計画を自由に組むことができる。
  • 研修先、研修期間についても、自由に選択することができる(研修先については、本学が開講している外国語圏に限り、また、研修期間については上記の通り)。
  • 研修機関については、学生本人が決定する。ただし、国際センター運営委員会の許可を得なければならない。
  • 研修終了後、研修報告書の提出を義務づける。

留意事項

  • 研修校授業料・滞在費・航空券代の一旦の立替払いが必要。

説明会

当研修助成制度の申請に必要な申込書一式を配布いたしますので、必ず募集ガイダンスに出席してください。
ただし、授業等のやむを得ない事由で出席できない者は、事前に国際センター課へ申し出、指示を仰ぐこと。

詳細は9月中に国際センター課前掲示板、2号館前掲示板、学内ポータルに掲載されるのでそちらを確認すること。

体験談はこちら

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
国際センター課
電話
089-926-7148
PAGE TOP