クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

学長メッセージ

ようこそ松山大学へ

松山大学のウェブページをご覧いただき有り難うございます。
 松山大学は、大正12(1923)年に創立された旧制松山高等商業学校がその始まりです。その後、本学は、松山経済専門学校、松山商科大学を経て、平成元(1989)年に松山大学と改称し、現在5学部6学科と大学院5研究科を擁する総合大学となっております。愛媛県松山市文京町に約6,000名の学生が学び、卒業生は7万2,000名を超え、産業界を中心に教育界や官公庁においても活躍されています。こうした卒業生の多方面での活躍から、本学は伝統的に「就職に強い松山大学」という評価を得てきました。このような成果を支えてきたものは、本学の建学の精神です。松山大学は、創立以来「真実」・「実用」・「忠実」の校訓「三実」という教育理念を掲げてきました。「真実」と「実用」は学びの態度、「忠実」は人としてのあり方を示しています。「真実」とは、既存の「知」に満足することなく、真理を求めるために自ら学び、究め続けようとする態度です。「実用」とは、「知」を単に知識として学ぶだけでなく、自らの生活や仕事の中に活かすべく、常に現実的な問題を念頭に置きながら学ぶ態度です。「忠実」とは、人間関係や社会において、他者と誠実に向き合い、倫理的な態度はもとより、積極的に人と交わり、自らを謙虚に、そして互いの意見を尊重し共有しようとする態度です。つまり、この教育理念は、社会のために有為な人材になるため、「真実」を究め、「実用」を充たす知識と技能を身につけ、「忠実」な人物にならなければならないことを意味しています。松山大学では、この校訓「三実」を学生及び教職員の拠り所とし、学生同士そして教員との密接なコミュニケーションから、専門知識だけでなく多様な考え方に触れる中、時代を先取りしつつ、時代の要請に応えられる教育を実践し、広範な視野を養えるよう配慮することで、社会に貢献できる人材の育成をめざす幅広い教育を展開しております。
 学生の皆さんが松山大学での学びを通して、それぞれが抱く希望を明確にし、その希望の実現を目指して、人間として大きく成長していく場を提供することこそが、松山大学の存在意義であり、使命であると確信しております。今後も在学生及び卒業生が誇りを持つことができる「学びの場」として発展し続けることができるよう、よりいっそうの努力を続けていく所存です。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
経営企画課
電話
089-926-7971
PAGE TOP