クリックするとメニューが開きます
短期大学

沿革

松山短期大学 沿革

松山短期大学は、1952(昭和27)年に四国で唯一の2年制夜間短期大学部としてスタートし、現在は、生涯学習の場として社会に広く門戸を開いています。

1923(大正12)年 松山市出身の故新田長次郎氏により松山高等商業学校を創立。これが本校の濫觴である。
初代校長には旧大阪高等商業学校長 加藤彰廉氏を選任。
1944(昭和19)年 松山経済専門学校と改称。
1949(昭和24)年 学制改革に際し、設立者新田家、温山会及び 県官民の協力を得て松山商科大学に昇格、商経学部を設置。
1952(昭和27)年 地元勤労学生その他の熱烈な要望に応えて短期大学部商科第2部を併設。
1962(昭和37)年 商経学部を発展的に解消し、経済学部及び経営学部を設置。
1972(昭和47)年 大学院経済学研究科(修士課程)を開設。
1974(昭和49)年 人文学部(英語英米文学科、社会学科)を開設。
大学院経済学研究科(博士課程)を開設。
1979(昭和54)年 大学院経営学研究科(修士課程)を開設。
1981(昭和56)年 大学院経営学研究科(博士課程)を開設。
1988(昭和63)年 法学部法学科を開設。
1989(平成元)年 松山大学、松山短期大学と改称。
2006(平成18)年 薬学部医療薬学科を開設。
大学院社会学研究科(修士課程・博士課程)を開設。
2007(平成19)年 大学院言語コミュニケーション研究科(修士課程)を開設。
2014(平成26)年 大学院医療薬学研究科(博士課程)を開設。
現 在 設置以来この間に輩出した卒業生は、6,700名余り。
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
短期大学事務室
電話
089-926-7267
PAGE TOP