クリックするとメニューが開きます
就職情報

インターンシップとは

インターンシップとは

学生時代に社会人生活や企業の様子を覗くことができる貴重な機会を提供するのが、「インターンシップ」です。「インターンシップ」とは、「学生が自らの専攻や将来の職業に関連した職業体験(研修)を行うこと」を意味するもので、営業や事務など、一般のアルバイトとは違ったオフィスワークが体験できます。また、ビジネスマンと接することによって、企業人としての姿勢を感じることができます。松山大学のインターンシップ制度の特色は、”講義・企業実習・学生によるレポート・報告会”という流れに沿って、理論と実体験を結びつけることにあります。講義で得た知識を企業実習の場で活用し、企業実習の場で得た経験をその後の勉学や就職活動に活かしていけるようにプログラムが組まれています。

目的

  1. 心の就職準備
    仕事を外見だけで判断するのでなく、隠れている部分を含めて総合的に理解する力を養い、仕事を担う重さと充実感(働き甲斐)を感じとること。また、自分の適性をチェックするひとつの機会と捉えると共に就職に対する安易な姿勢を改め、真剣に取り組むきっかけを与える。
  2. 国内での異文化体験
    これまで家庭や学校の中で庇護されてきた学生諸君に「異質な風を感じ」させ、新しい何かにチャレンジする気持ちを持たせる。
  3. 業界・職業研究の一部
    「研修」は、講義や演習を通じて学んだ知識をさらに深めるとともに、その具体的成果を大学キャンパスや教室にフィードバックさせる機会として位置づける。特に、それぞれの業界・職業の今後の発展方向などを研究し、できれば、学生の視点から「研修先」にとって役に立つような提言を行なう。
  4. 大学と社会との交流活性化のひとつのチャンネル
    このプログラムの実施を通して地域との連携を促進し、大学と社会(企業等を含む)との、よい意味での交流の活性化を図る。
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP