クリックするとメニューが開きます
学生生活

障がい学生支援

松山大学・松山短期大学では、身体障がいや発達障がい等のある学生が、障がいのない学生と同じように学び、豊かな学生生活を送ることができるよう、松山大学学生支援室が中心となり、積極的に支援を行っています。

 

松山大学障がい学生支援体制

松山大学・松山短期大学では、「松山大学学生支援室」を中心に、授業や学生生活の支援に関する相談を受け付け、指導教授(アドバイザー)や関係する各部署と連携を取りながら、障がい学生等が必要な支援を受けられるようコーディネートを行います。

障がい学生支援に関する規程

 

支援の利用の流れ

障がい学生支援内容について

聴覚障害サポート

聴覚等が不自由な方に情報を文字や手話で伝えます。

ノートテイク

専用の紙とペンを用いて手書きで情報を伝える方法で、英語や記号・数式を使う授業で有効です。

パソコンテイク

パソコンを連携させて情報を伝える方法で、情報量の多い授業で特に有効です。

手話・筆談
手話や筆談でコミュニケーションをとり、交流を深めています。

 

その他授業・学生生活支援

肢体障がいサポート
教室の変更や調整、座席の配慮、移動などの介助を行います。また、トイレなど休憩中の支援も行います。

発達障がいサポート
履修や修学上の相談など、障がいの状況や困り具合に応じて個別に対応します。

その他のサポート
これら以外にも、様々な障がいのある学生に対して、必要に応じた支援を行っています。

こんな不安や心配はありませんか?

自分らしく大学生活を楽しく過ごすために、大学生活のさまざまな困りごとの相談を受けています。教務課や保健室、担当の教員などと連携をとりながら支援をしています。
不安や心配など、困りごとを一人で抱え込まないで気軽に相談しましょう。

友達や教職員とのコミュニケーション

  • 誰に聞けばいいのかわかりません
  • 人の目が気になります
  • 空き時間にどこで何をしたらいいのかわかりません
  • 人付き合いが苦手です

など

修学への心配や不安

  • 履修の方法がわかりません
  • 大教室だと集中して講義が聞けません(視線・音)
  • ノートをうまくとれません
  • レポート課題を提出できません
  • グループ活動が苦手です
  • 遅刻や欠席をしてしまいます

など

こころやからだの心配や不安について

  • 食欲がありません(または過食)
  • なかなか眠れません(または過眠)
  • 不安・焦り・イライラ感があります
  • 気分が落ち込んでいます
  • 寂しいです

など

バリアフリーMAP

画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます
※2016年4月現在

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
学生支援室
住所
3号館1階
電話
089-926-8212

8時30分~18時00分
Mail:mu-gaksup@matsuyama-u.jp

PAGE TOP