クリックするとメニューが開きます
短期大学

気象警報等に伴う授業等の取扱

1.大雨・暴風時における授業等の取り扱いについて

大雨・暴風等により愛媛県松山市地域に「特別警報」・「暴風警報」又は「暴風雪警報」が発令された場合における授業の取り扱いは以下の通りです。

松山大学が休講の場合

終日休講とする

午後3時の時点で「特別警報」、「暴風警報」又は「暴風雪警報」が発令中の場合 終日休講とする
授業実施時間帯に「特別警報」、「暴風警報」又は「暴風雪警報」が
発令された場合
学長の判断により、その後に開始する授業を休講とする

・上記以外の場合または特別の事情がある場合は、学長の判断により措置を決定します。

【確認方法】
HP:天気予報は、(財)日本気象協会(学外サイト)  http://www.jwa.or.jp/ で確認してください。
電話:177番をダイヤル、松山市外からは089+177をダイヤルしてください。
テレビ・ラジオ等のマスメディアにて確認してください。

2.公共交通機関の運休に伴う授業等の取り扱いについて

地震・積雪などの自然災害及びストライキ等のため、定期運行している伊予鉄道の市内電車及び郊外電車並びにJR四国(松山駅発着の列車)がすべて運休になった場合の授業の取り扱いは以下の通りです。

松山大学が休講の場合 終日休講とする
午後3時の時点で運休の場合 終日休講とする
授業実施時間帯に運行が停止の場合 学長の判断により、その後に開始する授業を休講とする

【注意事項】
伊予鉄道の市内電車及び郊外電車並びにJR四国(松山駅発着の列車)の運休に関する情報については、ニュース速報等で確認をしてください。大学への電話による問い合わせには応じかねますが、大学のホームページにてお知らせします。なお、一部の区間が運行しており、休講の措置を取らなかった場合には公欠扱いとすることもあります。この場合、公欠の申請に「運休証明書」または「遅延証明書」等(交通機関発行のもの)が必要です。

3.休講になった場合の補講措置について

大学のホームページ及びポータルで確認してください。
大雨・暴風等の異常気象や地震・積雪などの自然災害及びストライキ等のため休講措置を取った場合の補講については、改めて指示することとし、ポータルにてお知らせします。また、ホームページの「ケータイサイト」の中の「携帯電話『講義情報』について」でもお知らせします。

備考

期末試験についても、原則として、この取り扱いを準用することとし、代替試験については改めて指示します。
2014年4月より本取り扱いの運用を開始します。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
短期大学事務室
電話
089-926-7267
PAGE TOP