クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

教育目的と教育目標(松山大学大学院)

経済学研究科博士課程(前期・後期)

経済学研究科の教育目標は、変化の激しい現代社会の様々な側面を理論的・実証的に解明する能力を開発・醸成しつつ、社会の要請に応える人材を育成することにある。また、高度な専門性を備えた専門的職業人を養成することならびに豊富な知識の修得に基づいた研究職従事者を養成することにある。

経営学研究科博士課程(前期・後期)

経営学研究科の教育目標は、経営学、経営史、商学、会計学、管理工学、産業社会のそれぞれの分野における高度な理論ならびにその実践的な応用力を生かし、社会のさまざまな領域において発生する具体的な問題を解決する能力を備えた高度専門職業人や研究者を育成することとする。

言語コミュニケーション研究科修士課程

言語コミュニケーション研究科の教育目標は、知識基盤社会に対応できる自立した市民の育成を土台として、高度な言語運用能力、および言語コミュニケーションに関する知識とスキルを身につけ、国際的視野を持ちながら、地域社会において実践的に貢献することのできる専門的職業人の育成、および関連する多様な研究に従事できる研究者を育成する。

社会学研究科修士課程・博士後期課程

社会学研究科の教育目標は、自立的な市民の育成を土台にして、高度な社会学の専門的要素と想像力を身につけ、国際的視野を持ちながら、職場および地域社会において問題発見と実践的な解決に貢献することのできる専門的職業人と、社会問題の研究と解決に寄与する研究者を育成する。

医療薬学研究科博士課程

医療薬学研究科の教育目標は、高度な専門性をもって患者に最適の薬物治療を提供できる人材、薬物を適正に使用する上で生じる問題を科学的・社会的に解決できる人材、さらに薬学研究者の視点から病態や薬物作用機序の解明に取り組める人材を育成する。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP