クリックするとメニューが開きます
scroll
社会学研究科

教育方針

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与方針)

本研究科では、次のような業績をあげ、かつ所定の単位を修得した院生に対して修了認定を行います。

  1. 専門分野での研究の発展に貢献でき、新たな知見をもたらしうる一定水準以上の論文を作成した者
  2. 現代社会の各領域に関する高度に専門的な社会学的な知見や洞察力を修得した者

 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

本研究科では次のような方針に基づいて、教育課程を編成しています。

  1. 修士課程においては、入門的科目としての社会学特論を必修として、初年次の導入教育を行う。
  2. 修士課程の専門科目は、理論分野、現代社会・メディア分野、地域・国際・環境分野、福祉・臨床分野という四つの専門分野を設置し、各院生の専門志向に合わせた履修を可能にする。
  3. 修士課程では総合的な社会学的知見の養成も重要であるため、適切な履修モデルを設定して、各分野を総合的にバランスよく履修できるようにする。
  4. 修士論文指導では、主査1名に副査2名を加えて複数教員で指導する体制をとり、より質の高い研究成果を出すことをめざす。
  5. 博士課程では、より高度な専門的授業科目として特殊演習を設置し、専門性の高い論文作成を指導する。博士課程でも複数教員で指導する体制をとる。

 アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科では活力ある市民社会の構築に寄与する研究者および高度専門職業人の育成を目的として、次のような院生を求めています。

  1. 修士課程では大学卒業相当の学力を有している。博士課程では大学院修士課程修了相当の学力を有している。
  2. 社会学の専門的な論文を書き上げるための明確なテーマと構想を有している。
  3. 多様な社会現象に興味を持ち、幅広い教養と見識を備えている。
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
経営企画課
電話
089-926-7971
PAGE TOP