クリックするとメニューが開きます
scroll
大学案内

言語コミュニケーション研究科

教学に関わる3つの方針【大学院言語コミュニケーション研究科】

修了認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

言語コミュニケーション研究科は、次の2つに該当する者に修士(英語コミュニケーション)の学位を授与します。

  1. 英語による異文化コミュニケーション能力、異文化理解能力、及び専攻分野(英語教育学、言語学・英語学、英米文学)における高度な専門知識と研究能力を習得した者
  2. 松山大学学位規則第3条に規定されている修士の学位授与要件を満たした者

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

言語コミュニケーション研究科は、次の4つの教育方針に従ってカリキュラムを構成します。

  1. 英語による異文化コミュニケーション能力、異文化理解能力、及び専攻分野(英語教育学、言語学・英語学、英米文学)における高度な専門知識の習得と研究能力の育成を目的に、(a)コミュニケーション科目群、(b)教育系科目群、(c)言語系科目群、(d)文学系科目群、という4つの専門的な研究領域を柱とした科目群を配置する。
  2. 高度な異文化コミュニケーション能力及び異文化理解能力は、専攻分野を問わず全ての学生が身に付けることを原則とし、それを基盤とし、また活用しながら各自の専攻分野における専門知識と研究能力の習得を目指す重要な原動力である。コミュニケーション科目群はその基礎的位置付けにあり、必修科目として配置する。
  3. 教育系科目群、言語系科目群、文学系科目群は、各専攻分野に関する専門知識の習得と研究能力の育成を目的に配置する。また専攻分野に加え、個々の学生の指向性及び研究テーマに応じた他の専攻分野における研究成果の適切な活用と、それによる自らの専攻分野の学習・研究の深化、及び視野の拡大を重視し、柔軟かつ縦横的な履修が可能になるよう、各専攻分野の科目を配置する。
  4. 英語による異文化コミュニケーション能力、及び異文化能力と、専攻分野(英語教育学、言語学・英語学、英米文学)における実践的な研究能力の習得を目的として、課題演習を配置する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

言語コミュニケーション研究科は、次の2つを満たす人物を求めます。

  1. 英語による異文化コミュニケーション能力・異文化理解能力の習得と、英語教育学、言語学・英語学、英米文学の各専攻分野における高度な専門知識及び研究能力の習得に強い意欲を持つ者
  2. 本研究科におけるこれらの教育内容の基盤として要求される知識と能力を身に付けた者

松山大学大学院言語コミュニケーション研究科修士学位論文審査基準

2016(平成28)年9月25日制定

松山大学大学院言語コミュニケーション研究科修士学位論文審査基準

松山大学大学院言語コミュニケーション研究科(以下「言語コミュニケーション研究科」という。)では、次に掲げる指針に基づき論文の修士学位審査を行い、適当と認められるものに対して、修士(言語コミュニケーション)の学位を授与する。

  1. 言語コミュニケーション研究科のディプロマポリシーに従い、修士学位論文(以下「修士論文」という。)として基本的な知識、技術、問題解決能力等が認められる論文であること。
  2. 修士論文は、言語コミュニケーション専攻に関連する分野における新しい知見及び進展を含む内容の論文であること。
  3. 修士論文は次の各号に掲げる条件を満たすように構成されていること。
    (1)明確な問題意識に沿って研究テーマを設定しており、 学術的意義を有していること。
    (2)研究テーマに関して必要な国内外の先行研究及び資料を十分に調査及び理解し、 論文の中で適切に引用していること。
    (3)論理展開が明確かつ一貫しており、修士論文として体系的に構成されていること。
    (4)文章の表現及び表記並びに論文題目、 章立て、引用、図、表等が適切であること。

この審査基準の改廃は、言語コミュニケーション研究科委員会の議を経て、学長が行う。

附則
この審査基準は、2016(平成28)年9月25日から施行する。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP