クリックするとメニューが開きます
scroll
国際交流

中国:復旦大学(派遣留学制度)

要項

研修地 上海市(中華人民共和国)
派遣先大学 復旦大学 国際文化交流学院
派遣期間 9月上旬~翌年7月下旬(約1年間)
9月上旬~翌年1月下旬(約5か月間)
派遣資格 次の要件を満たす者
(1)派遣時において、学部又は大学院研究科に1年以上在学していること。
(2)出願時において、原則として通算半期平均18単位以上を修得していること。ただし、大学院生に関してはその限りではない。
(3)出願時において、原則として中国語検定試験3級以上、又はHSK4級以上に合格していること。
募集人数 1名
審査方法 面接(日本語及び中国語)及び書類審査
提出書類 (1)派遣留学申込書
(2)留学計画書
(3)本学指定の語学検定試験成績証明書
(4)問診票(既往症又は自覚症状の記載を含む)
その他、内定した学生には必要な書類をその都度指示する。

備考

  • 派遣留学にあたり、復旦大学に入学金・授業料を支払う必要はないが、宿舎料、光熱費、渡航に関する費用、海外旅行保険料、その他の雑費は自己負担となる。
  • 「松山大学から海外協定校への派遣留学生に関する規程」に基づき、原則として派遣留学の終了後に、留学期間が半年間では50,000円、1年間では80,000円の助成金が支給される。
  • 復旦大学では語学留学生として中国語を学ぶ。学部学生向けに開講されている専門科目は履修できない。
  • 復旦大学で修得した単位は、年間履修単位を限度として、本学の卒業に必要な単位として認定を受けることができる。
  • 復旦大学のURL  http://www.fudan.edu.cn/

問い合せ先

国際センター課
※募集ガイダンスは行わない。希望者には随時、個別に詳細な説明を行う。

詳細は、1月上旬に国際センター課前掲示板、2号館前掲示板、学内ポータルに掲載されるのでそちらを確認すること。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
国際センター課
電話
089-926-7148
PAGE TOP