クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
scroll
社会連携・生涯学習

(講座番号:105)グリム童話の世界 ―「ヘンゼルとグレーテル」 における〈お菓子の家〉と〈魔女〉―

概要

おそらく誰もが子どものころ一度は読んだことがある「ヘンゼルとグレーテル」。そこに登場する〈魔女〉とは、いったい誰だったのでしょう?果たして〈お菓子の家〉は実在したのでしょうか?物語の裏にある衝撃の事実を、考古学や歴史学の成果に基づきつつ、分かりやすく紹介していきます。

講師

田淵 昌太(松山大学非常勤講師)

開講日時

5月7日、5月14日、5月21日、5月28日、6月4日、6月11日、6月18日、6月25日、7月2日、7月9日、7月16日、7月30日
【毎週金曜日】※但し、7/23は除く 10時15分~11時45分 (全12回)

講義形式

対面形式

定員

30名

受講料

12,000円
※テキスト:『完訳 グリム童話集(1)』(岩波文庫)をお持ちでない方は、別途教材費1,050円が初回講座時に必要です。
※教材の入荷に時間がかかるため、講座の申込と同時に購入の有無をメールまたはFAXで、松山大学社会連携課までお知らせください。(講座申込者全員)

対象

ヨーロッパの歴史・文化・昔話に興味のある方(ドイツ語の知識は不要です。)

講座スケジュール

第1回 グリム兄弟の生きた時代
第2回 グリム兄弟の生涯
第3回 物語を読む (1)
第4回 魔女とは誰か
第5回 魔女裁判
第6回 お菓子の家の持つ意味 
第7回 お菓子の家は実在した!?
第8回 お菓子の家の住人
第9回 兄妹が森へ入った本当の理由
第10回 物語を読む (2)
第11回 物語を読む (3)
第12回 現代の絵本で読む「ヘンゼルとグレーテル」 

 

PAGE TOP