クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
社会連携・生涯学習

2021 iProject!

連携先 伊予市役所・伊予農業高等学校
 iProject!とは、伊予農業高等学校の生徒と松山大学の学生、伊予市が連携し、事業者や団体を巻き込みながら推進する協働事業で、平成24年4月から実施しています。
 伊予市の特産品などを使って伊予農業高校生が開発する料理やお菓子などのメニューを、松山大学の学生が消費者の目線でさらに磨きをかけて改良を加え、市場にプロデュースしていきます。
【参考】伊予市役所HP「民公学連携事業『iProject!』の取組み」
2021年7月9日(金曜日)第1回試食会【伊予市PRメニュー&お土産開発班】

7月9日(金曜日)15時半より伊予市生涯研修センター「さざなみ館」にて、伊予農業高校生との合同ミーティング時に各班4つに絞ったメニューを試食し、メニューの最終絞り込みの検討を行いました。
 メニューによっては、料理の仕上げ作業は大学生が行うことができたものもありました。実際に仕上げ作業をすることで、料理を作るときにかかる手間や彩を考えることの大変さなど作る側の苦労を実感することができました。また、実際に目で見て、試食をすることで、見えてきたそのメニューの良さや改善点がたくさんありました。残念ながら高校生と直接意見交換はできませんでしたが、メニューの良かった点や改善点を参加者それぞれが紙に記入し、共有することはできました。この記入した紙は高校生も目にするそうなので、次の試食会時にはパワーアップしたメニューが並びそうで楽しみです。
 今回の試食会での意見は班内で共有され、それを参考に、班ごとにメニューの最終決定が行われます。そして、今後はメニューごとのPOP案と商品を置いてくださるウェルピア伊予様への提案書を作成することになります。それぞれが意見を持って、活動に取り組み、伊予農業高校生がたくさん考えて作ってくれた商品をより多くの人にお届けできるように頑張っていきます。                                       

経済学部3年次生 藤川 七海

2021年7月7日(水曜日)第2回ミーティング【サイクリスト向け商品開発班】

7月7日(水曜日)17時45分より、H3G、H3H教室でiProject!サイクリスト向け商品開発班の提案商品の絞り込みを行いました。今回は、各班で話し合い、良いと思った5品を石田製餡所様にプレゼンテーションを行いました。
 ミーティング日までに、各班10個程度に絞っており、当日さらに絞り込みを行いました。60分間、真剣に話し合いを行い、全員の意見が合致するまで一つ一つの商品について良い点や付け加えて説明すべき点などを出し合いました。
 その後、石田製餡所様に各班プレゼンテーションを行い、石田製餡所様より講評をいただきました。各班ともイメージがしやすい商品が多く、全ての商品を試作できることを楽しみにしています。提案してくれたメンバーの想いを班員全員が汲み取り、さらにいい商品になるように意見を出し合っており、商品化に対する熱意を感じました。
 今回提案させていただいた商品が無事に店頭に並ぶことを楽しみにしつつ、今後も商品のネーミングやキャッチコピー、POPの案を話し合いを重ねながら検討し、多くの皆様に手に取っていただけるような商品にしていきます!

経済学部3年次生 羽倉 幸紀

2021年6月23日(水曜日)第2回ミーティング【伊予市PRメニュー&お土産開発班】

6月23日(水曜日)17時45分より、H3N教室にて第2回iProject!伊予市PRメニュー&お土産開発班のミーティングを行いました。今回のミーティングでは、アンケート調査を行うにあたっての質問項目の最終検討を行いました。
 伊予農業高校の生徒とのオンライン合同ミーティングを踏まえて、各班4つに絞ったメニューの中から更にメニューに絞るために、調査したい項目や本当に調査に必要な項目であるかなど、全員で意見を出し合いながら調査項目を決定しました。
 このアンケート調査は、新型コロナウイルス感染症の影響や効率化を図るため、主にGoogleフォームを使用し、SNS等を通じて実施します。
 アンケート調査の質問項目を考える際に、商品開発に役立つものか吟味し、目的をもって質問項目を考えていくことは、思っていたよりも難しいと感じました。
 今後、アンケート調査から得た結果をもとに商品開発を目指すメニューを決め、伊予農業高校生と協力して伊予市をPR、活性化できるようにアンケート調査をはじめ、今後の活動も一生懸命頑張っていきます!

                                        経済学部3年次生 永井 拓弥

2021年6月22日(火曜日)工場・店舗見学【伊予市PRメニュー&お土産開発班】

6月22日(火曜日)に「iProject!」の取り組みで石田製餡所様に事業者訪問で工場と店舗の見学をさせて頂きました。
 最初に、工場でお菓子を作る工程を見学させて頂きました。完全に機械化しているわけではなく、機械と従業員の方々が手作業でお菓子を作っていました。特に印象に残っているのは、包装が手作業であったにもかかわらず、従業員の方がその作業を楽しんでいたことです。
 最後に、店舗の見学をさせて貰いました。店舗は上品な印象の落ち着いた佇まいで、様々な餡を使ったお菓子が所狭しと並んでいました。そして、有難いことにいくつかお菓子と飲み物をご馳走になりました。特に、チョコのフィナンシェと粒餡のカフェオレが美味しかったです。チョコのフィナンシェは濃厚なチョコの甘味に途中で餡が利いていて、さらに塩がアクセントとして機能していました。粒餡のカフェオレは粒餡が大きく、とても飲みごたえがありました。
 お忙しい中、工場と店舗の見学をさせて頂いた石田製餡所様、本当にありがとうございました。石田製餡所様を訪問させて頂いたのは初めてなのですが、温かい雰囲気で楽しく訪問させて頂きました。今後も活動は続いていきますが、このプロジェクトが成功するためにメンバー全員で話し合ってより良いものしていきます。

                                     経済学部1年次生 穴吹 聖那

2021年6月14日(月曜日)工場・店舗見学【サイクリスト向け商品開発班】

6月14日(月曜日)10時から11時にかけて、サイクリスト向け商品開発班5名で、今回商品開発にご協力いただける、伊予市にある「石田製餡所」の工場と店舗「an’patisserie 七日」の見学を行いました。
 石田製餡所では、実際に餡子を使って商品を作っている様子を見ることができました。パイを焼く機械や、プリンをつくる機械などは、実際に想像していたより大きく、一度に何個もつくることができるものでした。昔は銀行の金庫であったという冷蔵庫はとても大きく、人が楽々入れるスペースがありました。石田製餡所の餡子に対する強い想いがよく伝わる工場見学となりました。
 an’patisserie七日では、実際に売っている商品を見たり、試食させていただいたりしました。工夫して餡子を使っている商品が多く、実際に試食させてもらったテリーヌ、プリンは餡子が必要不可欠な商品であると感じました。

                                     経済学部2年次生 赤谷 大地

2021年6月11日(金曜日)伊予農業高校生との合同ミーティング

6月11日(金曜日)14時30分より、H2A教室にて伊予農業高校生とのオンライン合同ミーティングを行いました。
 伊予農業高校生の皆さんが考えた今年のテーマは例年とは違い、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、旅行に行けなかった人がほとんどであったことから、全国の郷土料理を伊予市の特産品を使って再現し、旅行気分を味わってもらおうという思いでメニューを考えていただきました。メニューに込められた思いや工夫した点を発表してもらい、オンライン上でしたが明るい雰囲気で話し合うことができ、充実した時間となりました。
 その後、私たち大学生は、高校生の考えた24種類のメニューの中から、メニューの斬新さやお客様の視点から見て食べてみたいと思うもの、そして作りやすさなどを重視して、C班、D班それぞれ4つのメニューに絞りました。次の合同ミーティングでは、3つのメニューに絞る予定です。
 各メンバーがチームの一員としての意識をもって、思ったことや感じたこと、疑問点などを積極的に発言し、iProject!の活動をより良い活動にしていきたいです。

                                    経済学部3年次生 白石 百合愛

2021年6月3日(水曜日)第1回ミーティング【伊予市PRメニュー&お土産開発班】

6月3日(木曜日)17時45分より、H2A教室で第1回iProject!伊予市PRメニュー&お土産開発班のミーティングを行いました。まず、ウェルピア伊予様からバイキングや喫茶コーナーなどの施設等の説明、利用されるお客様の年齢層などを教えていただきました。その後、各班に分かれてどういったものがバイキングと喫茶にあればいいのかなど、高校生が考えたメニュー案の中から絞り込む際の選定基準(作りやすさなど)を話し合いました。ただ単にアイデアを出すだけではなく、提供する側、お客側の目線になって考えて案を出すのは非常に難しいと感じました。
 今回のミーティングでは各班全員が考え出した案を積極的に言い合うことができた良いミーティングになりました。今後、伊予市役所の方々、ウェルピア伊予様、伊予農業高校生の協力のもと、伊予市をPRできるように頑張りたいと思います。

                                      経済学部3年次生 徳永 哲志                                      

2021年6月2日(水曜日)第1回ミーティング【サイクリスト向け商品開発班】

6月2日(水曜日)17時45分より、215番教室でiProject!マーケティング戦略会議を行いました。
 まず、お越しいただいた石田製餡所様から会社の歴史や改良を重ねた過程、マーケティングの効果的な方法、サイクリスト向け商品開発に至った想いやねらいなどを教えていただきました。その後、各班に分かれて、アンケート調査のための質問項目を話し合いました。
 質問を考える際に、商品開発に役立つものかを吟味し、取捨選択して質問項目を考えていくことは、思ったよりも難しいものでした。
 今後、アンケート調査から傾向を分析し、サイクリング×餡子という商品開発を通して、愛媛県内にサイクリストを集客するとともに、伊予市や石田製餡所様の知名度を向上できるように取り組んでいきます!

                                      経済学部3年次生 岡 ひかり

                                     

2021年5月19日(水曜日)第1回ミーティング

5月19日(水曜日)17時45分より、215番教室で第1回iProject!のミーティングを行いました。
 まず、伊予市役所の方々からの紹介から始まり、その後iProject!の概要とその活動実績について説明を受け、今年度の活動方針や今後のスケジュールについて確認しました。今年度は「伊予市PRメニュー&お土産開発」と「サイクリスト向け商品開発」の2班に分かれ、さらに班ごとに2つのグループに分かれた合計4グループで活動を行います。また、グループごとのリーダー、副リーダーの選任も行いました。
 新型コロナウイルス感染症の影響が未だに続いており、活動に制約が伴うことも多いと思います。しかし、そんな中でも伊予市役所や伊予農業高校、社会人の方々と協力しながら、いろいろな方法を模索し、活動を円滑に進めることが出来るように頑張りたいです。
                                          経済学部3年次生 中平 倖司

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
社会連携課
電話
089-926-8246
PAGE TOP