クリックするとメニューが開きます
scroll
INFORMATION
EVENTS
2024年06月12日
イベントプレスリリース

松山大学大学院言語コミュニケーション研究会特別講演会 「オーストラリア学会研究大会[日豪交流基金助成]」を開催

2024年06月15日(土曜日)

2024(令和6)年6月15日(土曜日)、松山大学樋又キャンパスH2A教室にて、ロドニー・スミス博士をお招きし、「2023年度〈先住民の声〉国民投票とオーストラリアの民主主義が直面している諸問題」と題して、松山大学大学院言語コミュニケーション研究会特別講演会を開催します。一般公開していますので、関心のある方はご参加ください。

なお、本講演会用の駐車場は用意しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。

 

開催日

2024年6月15日(土曜日)13時00分から13時40分(受付12時00分~)

開催場所

松山大学樋又キャンパスH2A教室

参加費

無料

概要

グローバリズムが世界を均質化していくかのように見える現在、一方では、長きに渡って地域環境とともに暮らしと文化を築いてきた先住民とその政治的立場に対する注目が高まっています。オーストラリアにおいては、アボリジナル(オーストラリア本土の先住民)およびトレス海峡諸島民という先住民族がどのように国家運営に参加すべきかが議論されてきました。2023年10月14日に行われた通称「〈先住民の声〉国民投票」においては、1901年制定のオーストラリア憲法を改正し、オーストラリア国家が行う先住民関連政策に対して助言を行う先住民の代表機関を設置するかどうかが問われました。投票結果は否決となりましたが、その過程においてオーストラリア国家、特にその民主主義が抱える様々な問題があぶりだされました。本講演では、「〈先住民の声〉国民投票」における投票行為、それを巡るメディアでの議論、そして国民のコミュニケーションを分析し、現在の国民国家とその代表制民主主義が陥っている危機を明らかにします。

講師

ロドニー・スミス博士(東京大学CPAS客員教授、シドニー大学)

シドニー大学 the School of Social and Political Sciences 教授。
オーストラリアの選挙および投票行動について多くの研究を出版している。 2019年から2020年に
かけて the Australian Political Studies Association and Editor of Australasianの会長、
2017年から2021年にかけて Parliamentary Review (Australian Study of Parliament Group)
の編集長を務める。著書に Keywords in Australian Politics (Cambridge University Press,
2006; Adriadne Vrome, Ian Cookと共著)などがある。

プレスリリース資料はこちら

※報道関係者の皆様へ:オーストラリア学会全体のご案内はプレスリリース資料をご覧ください。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
企画部企画広報課
住所
松山市文京町
電話
089-926-7140
PAGE TOP