クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
学生生活

2021(令和3)年度前学期の授業開始に際して(学長からのメッセージ)【2021年4月12日更新】

2021(令和3)年4月12日

学生及び保護者の皆様
                                              松 山 大 学
                                               学長 新 井 英 夫

2021(令和3)年度前学期の授業開始に際して(学長からのメッセージ)

いよいよ明日から、2021(令和3)年度前学期の授業が始まります。今年度は、すでに皆さんにお知らせしているとおり、対面授業を基本とします。対面授業にはオンライン授業では得られない他者との交流や教育的効果があり、非常に重要だと考えています。
 しかしながら、愛媛県は感染者数の急増を受け、独自の警戒レベルを2021(令和3)年4月8日から、感染予防を最優先とする最も高い警戒レベルの「感染対策期」に引き上げています。これまで松山大学では、このような状況下においても、学生の皆さんがキャンパスに通学して学ぶ機会や対面での交流機会を継続することができるよう、準備を整えてきました。一例ではありますが、全学生への携帯型消毒スプレーの配布、構内各所への手指消毒液の設置、非接触型自動検温器計の設置、相談窓口における飛沫防止パネルの設置、一度に教室を利用する学生数を本来の収容定員の半分程度にまで制限する等、学生の皆さんが安心して活動できる環境を整備しています。また、自身の基礎疾患により通学が困難な場合は、対応が可能な範囲で、対面授業をオンライン授業でも受講できるよう配慮を行います。
 このような対応を講じることにより、授業中に感染が拡がる可能性は軽減できるものと考えていますが、休憩時間、昼休み、放課後については、大変憂慮しています。学生の皆さんに「大学に来ても友人と話すな」とお願いするのは大変過酷なことであることは理解していますが、自分自身は勿論、周りの人やあなたの大切な人を守るために、学内外での友人との会話はマスク着用の上で最小限とし、集会や会食は控えてください。無症状であっても、誰もが感染者となる可能性があることを認識し、「うつさないよう自己防衛、うつさないよう周りに配慮」という心構えをもって、学修を継続するとともに、大学生活を実り多いものにしてください。
 松山大学では、学生の皆さんが充実した学生生活を送ることができるよう、以下のとおり、電話又はメールによる相談窓口を設置しています。困ったことがあれば、遠慮なく大学に相談してください。

授業に関すること
 教務部教務課 mu-kyomu★matsuyama-u.jp
 ※メールアドレスは、★を@へ置き換えてください。
奨学金、課外活動、授業以外の学生生活に関すること
 学生部学生課 089-926-7149
健康面や心身の不調に関する相談
 総務部健康支援課(保健室)089-926-7131

                                                      以上

PAGE TOP