クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
松山大学東京オフィス

就職活動に役に立つ考え方【MTO】

質問力を磨こう

質問力はコミュニケーション力のひとつで、不明点や疑問点などを問いかける能力です。良い質問をすることで、相手や周りの人の理解が深まったり、議論を活性化させたりすることもできます。学生生活や就職活動においてだけでなく、社会でも必要になる力です。

質問力をつける姿勢

常に物事に疑問を感じる

物事について、常に「なぜ?」と疑問を感じるようにしましょう。

流されずに「本当にそうだろうか」と考える姿勢を持つ。

積極的に質問する機会をつくる

自分自身や人への問いかけをする癖をつけ、経験を積みましょう。

質問することは、恥ずかしいことではありません。

自分なりの仮説を持つ

肯定・否定の意見だけでなく「自分だったらどうするか」を考えるようにしましょう。

質問の切り口

質問をする際には、下記の5W1Hを組み込むように意識すると、より具体的な答えを得ることができます。

Who

(誰が)

When

(いつ)

Where

(どこで)

What

(何を)

Why

(なぜ)

How

(どのように)

主な質問のパターン

質問のパターン

例文

分からなかったことを聞く

説明の中で、理解できなかった点を質問します

「〇〇については、××という理解でよいでしょうか。」

インターンシップは、早期選考に結び付くとケースが多いという理解でよいでしょうか。

詳しい説明を求める

より詳しく聞きたい部分について質問します。

「〇〇の場合は××ということでしたが、△△の場合はどうでしょうか。」

1年目は、メンター制度により育成するということでしたが、2年目以降の育成制度について教えてください。

自分の意見を踏まえて、相手の考えを引き出す

自分の意見や、その理由を説明し、相手の考えを尋ねます。

「〇〇の説明について、××という理由で、私は△△だと思いました。その点について、ご意見を聞かせてください。」

 

御社の営業職についてお話を伺い、お客様の困りごとを聞き出すことが基本であることから、私は質問力が大事だと思いました。営業職で求められる力についてご意見を聞かせてください。

↓PDFはこちら

 

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP