クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS
2018年05月30日
国際交流在学生の方

「国際交流バスツアーin香川」を開催

平成30年5月26日(土曜日)に、留学生と日本人学生との交流を目的とした国際交流バスツアーが開催された。留学生12名、日本人学生30名、総勢42名の学生が参加し、金刀比羅宮、中野うどん学校、アサヒビール工場を訪れた。

金刀比羅宮へ向かうバスの車内では、普段チューターとして活動している日本人学生が中心となって自己紹介とゲーム(ビンゴ、イラスト連想ゲーム)を行った。イラストを見て国名をあてる連想ゲームでは参加者から積極的に答えが出るなど、どちらのゲームも盛り上がりをみせていた。

金刀比羅宮到着後、参道にある中野うどん学校に向かい、うどん打ち体験を行った。まず最初に6人1組のグループに分かれ、粉から生地を作るところまでを体験した。粉を混ぜたり、生地を踏んだりするときにアップテンポな音楽がかかり、さらにはタンバリンまで渡されるなどしたこともあり、学生は戸惑う様子を見せていたが、次第に音楽に合わせて楽しんで生地作りをしていた。麺棒で伸ばした生地を切る時は専用の包丁を使って、皆真剣に切っていた。お昼に食べた自分で切ったうどんは、とても美味しかったようである。
 昼食の後は、一緒に参道から階段を上って金刀比羅宮を参拝したり、お土産を買ったりと、思い思いの時間を過ごしていた。

次にアサヒビール工場に向かい工場を見学した。土曜日であったため機械は止まっていたが、ビールの原料を実際に触ったり、映像を見たりして、参加者らは、ビールの作られる工程を詳細に知ることができたようである。

バスツアー後に実施したアンケートには「日本人の学生と交流できて楽しかった」「普段なかなか交流できない留学生と話ができた」「留学生から話を聞いて、海外への興味が沸いた」といった感想が寄せられており、国際交流の一つの場として学生にとって良い時間になったようだった。今回は、留学生の倍以上となる日本人学生の参加があったこともあり「もう少し留学生と話してみたかった」といった声もあった。また、バスツアーに参加した学生の約8割が「次回も国際交流活動に参加したい」とも答えてくれた。

今後も学生の意見を反映させながら、新しい出会いのきっかけにもなるような国際交流イベントを計画し、本学の「国際交流」の発展に努めていきたい。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
国際センター課
電話
089-926-7148

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP