クリックするとメニューが開きます
scroll
NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS
2018年12月26日
トピックス学術・研究学生在学生の方卒業生の方

日本学生経済ゼミナール大会予選で赤木ゼミが最優秀賞を受賞し決勝大会へ!

第65回日本学生経済ゼミナール大会のプレゼンテーション部門予選会が、平成30年10月28日(日曜日)に日本大学商学部砧キャンパスにて開催され、本学経済学部赤木誠准教授のゼミの学生4班が出場し、そのうちB班とD班が最優秀賞(第1位)を受賞した。

同大会は全国の経済・経営・商学部などの学生を対象とした学術大会で、1954年から開催されている。例年、全国7ブロック合わせて1500名以上が参加する国内最大規模の大会として知られている。今年度のプレゼンテーション部門予選会では、9分野・21分科会に約200チームが参加し、各10分間で研究成果を発表した。全国の有名大学が出場する中で、本学赤木ゼミは、分科会⑩(地域経済②)でD班が、分科会⑪(地域経済③)でB班が最優秀賞(第1位)を獲得し、平成30年12月9日(日曜日)に開催されるプレゼン部門決勝大会への進出を決めた。

決勝大会への進出を決めた学生たちは、「今まで誰も研究していない目新しさのあるテーマにこだわった。」「予想をたて、道筋をたてても中々結果にたどり着かず、調べたことや研究結果が正しいかも分からない状況だったが、それでも納得するまで研究を続けた結果、最優秀賞を受賞できて良かった。」と述べた。決勝大会に向けては、「松山大学の学生であることに誇りを持ち、挑戦者として臨みたい」と意気込みを語ってくれた。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
学生課
電話
089-926-7131

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP