クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS
2021年06月07日
トピックス学生受験生・保護者の方

女子駅伝部の2選手が全国大会で入賞! -日本学生陸上競技個人選手権-

2021年6月4日(金曜日)から6月6日(日曜日)にかけて神奈川県レモンガススタジアム平塚にて「2021日本学生陸上競技個人選手権」が無観客試合で開催され、本学女子駅伝部の西山未奈美選手(経済4年)が3000M障害において10分22秒91で3位、小松優衣選手(経済3年)が5000Mにおいて15分55秒04で4位とそれぞれ入賞を果たした。

20名の選手が出場した3000M障害はスタート直後から西山選手が飛び出した。1000M過ぎに先頭を譲ってからは苦しい走りとなり途中4位まで順位を落とした。そこから我慢の走りとなったが、最終水濠で3位の選手をかわしてゴールした。西山選手は「地元のレースだったので優勝したかったが、調子が万全でない中、3位を確保できた。ここから調子をあげて3週間後の日本選手権では自己ベストを更新したい」と力強く語った。5000Mに出場した小松選手は、3000M過ぎからの急激なペースアップに対応できなかったが、そこから持ち前の粘りを発揮し3位争いを繰り広げた。最後の最後で名城大学の選手にかわされ4位となった。小松選手は「昨年の日本インカレでも最後に競り負けて4位だったので、今日はどうしても表彰台に上りたかったので悔しいが、確実に力がついている手ごたえは感じているので、またここから頑張りたい」と目を輝かせた。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
学生課
電話
089-926-7149

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP