クリックするとメニューが開きます
新型コロナウイルス対策に関するお知らせ
年間行事予定
教務課からのお知らせ
情報センター課からのお知らせ
scroll
NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS
2017年07月18日
トピックス学術・研究研究者・企業の方法学部

法学部宮下雄一郎准教授が「第34回渋沢・クローデル賞奨励賞」を受賞

この度、第34回渋沢・クローデル賞(公益財団法人日仏会館・読売新聞社共催)の発表が行われ、本学法学部の宮下雄一郎准教授の著作『フランス再興と国際秩序の構想―第二次世界大戦期の政治と外交』(勁草書房、2016年)が奨励賞を受賞し、その受賞式が平成29年7月7日(金曜日)に東京・恵比寿の日仏会館ホールにて行われた。

渋沢・クローデル賞奨励賞を受賞した 法学部宮下准教授

 
この賞は、1984年(昭和59年)に創設され、日本におけるフランス研究、フランスにおける日本研究の両分野での優れた著作や翻訳に贈られるものである。
 今回受賞した著作は、宮下准教授が1940年以降のフランスを通して政治における理想と現実を研究テーマに執筆されたものである。
 
宮下准教授は受賞に際し「渋沢・クローデル賞奨励賞を受賞することになり、大変嬉しいです。この賞を受賞するにあたり、本学の三恩人の一人である新田長次郎に思いを馳せておりました。渋沢氏と新田氏は、ほぼ同世代を生きた実業家です。『すぐに役立つ教育』と叫ばれている今日だからこそ、長期的視点で文化や教育のことを考えていたこの二人の卓見した世界観に目をむける必要があると思います」と語ってくれた。
 
なお、本書は他にも平成28年11月25日(金曜日)に「第2回日本防衛学会猪木正道賞奨励賞」を受賞している。

受賞作「フランス再興と国際秩序の構想―第二次世界大戦期の政治と外交」(勁草書房、2016年)

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-923-8920

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP