クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2017年09月11日

経済学部経済学科 松本直樹ゼミ

地域社会、企業へ積極的にアプローチ
学生の自主性を重んじた取り組みにより
真の「社会人基礎力」を身に付ける

座学・実学をバランスよく地域学習に結びつける

「恥をかく経験が社会に出たときに大きな糧となります。ぜひ学生にしかできない失敗をして、そこから這い上がってほしい」と話す松本教授

「地域社会に飛び込み、真の社会人基礎力を身につける」ことをテーマとしている松本ゼミ。経済学を基本として、座学と実学をバランスよく組み合わせ、それらを地域学習にまで高めていくことを心がけているという。そこで2年次生では、最初のステップとして経済学への学びを深め、パソコン操作を身につけるため座学を中心に展開。グラフ作成やプレゼン資料のまとめ方などのノウハウを、3年次生でのグループワーク、フィールドワークへと生かしていく。グループワークは、松本教授が提示した研究テーマに基づいて進められる。「個々の適性や性格を見極めた上で役職を決め、責任の所在を明確化。負担が偏らないよう、役職は適宜リシャッフルするなど微調整はしますが、進行は基本的に学生の自主性にゆだねています」と松本教授。ときに学生同士の意見の衝突や葛藤が起こることもあるというが、「ぶつかるのは一人ひとりが意見を出しているという証拠。行き詰まったとき、それをどう乗り越えるか。たとえ失敗しても、諦めずに挽回しようと励む姿勢を私は評価します」と続ける。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

PAGE TOP

CLOSE