クリックするとメニューが開きます
新型コロナウイルス対策に関するお知らせ
年間行事予定
教務課からのお知らせ
情報センター課からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2019年12月27日

世界チャンピオンを目指して

自分を律して、ひたすら技と心を磨く毎日。目指すは世界の頂点!

佐野 空手を始めたきっかけは何ですか?

三上 父親に勧められて始めました。試合に負けるのが悔しく、最初は嫌いでしたが、気づけば好きになっていました。

佐野 空手の魅力とは?

三上 空手は他の競技にはない痛みを感じます。その痛みを知ることで喧嘩をしない、相手を思いやる心を育むなど、空手を通して、人間形成の基礎を培えるところです。

佐野 子どもたちへの指導も行っているそうですが、どのような指導をされていますか?

三上 愛情ゆえの厳しさをもって指導しています。練習で技をきちんと習得していないと、試合で痛い思いをしてしまうので。プライベートでは、自分の弟のようにかわいがっていますよ。オンとオフを切り替えることで、信頼関係が成り立っていると思います。

佐野 大学卒業後の展望は?

三上 空手で生活していきたいですね。しかし野球やサッカー選手のように、プレーをするだけでお金をもらうのは難しい競技。そのため、時間に一番余裕のある今は空手に専念し、技も心も磨いておきたいです。

佐野 世界大会の意気込みをどうぞ!

三上 王座をとりたいです。だからこそ、皆さんの「頑張れ!」の言葉が大きな力になるので、応援していただけたらうれしいです。その期待に応えられるよう、頑張ります!!

 

 

 


経営学部経営学科2 年次生
 三上 和久(みかみ・かずひさ)さん

山梨県出身、5歳から空手を始める。四国大会3連覇の実績と、ポーランドで開催された大会での健闘が見込まれ、11月9日(土)から行われる「第12回全世界空手道選手権大会」に、日本代表選手として選出される。「一戦一戦、勝ちにこだわりたいです」


経済学部経済学科2年次生・硬式野球部マネージャー・インタビュアー
 佐野 真由(さの・まゆ)さん

「自分を律するという考え方がとてもしっかりしていて、学ぶことが多く有意義な時間となりました。硬式野球部も明治神宮野球場で行われる『全日本大学野球選手権大会』への出場という目標があります。三上さんの話を持ち帰り、チームの士気を高めたいです」

 

※学生の年次は取材時のものです。


この記事は松山大学学園報「CREATION」NO.203でご覧いただけます。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
入学広報課
電話
089-926-7140

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP