クリックするとメニューが開きます
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2017年01月10日

クリエイティブな人材の育成に有効な組織における環境要因を明らかにする

心理学を用いた人的資源管理の考察

私の研究は、組織で働く人々の心理や行動について、経営学的な観点からメカニズムを解明する「組織行動論」という経営学の一分野です。ここ数年は国内外の製造業や介護医療現場における協調行動や、新規アイデア創出に関わるクリエイティブな行動について経営学的な観点から考察しようとしています。

この研究を始めたのは、学部時代に心理学に興味をもったことがきっかけです。人間の意欲を説明するモチベーション理論の面白さを知り、「人はなぜ働くのか」という根源的な疑問に答えようとする組織行動を研究対象として選びました。

その後、国内企業の経営者や人事担当者との接触や、海外の日系企業を対象とした調査をしていくなかで、個々人の自発的・自主的な行動の重要性を感じたことも研究を継続してきた理由の一つです。

東南アジア諸国に進出している日系企業では、駐在員の多くが現地労働者の仕事のやり方に頭を悩ませていました。具体的には〝指示された仕事以外のことをやってくれない〞〝業務改善のための提案を一切してくれない〞などといった労働者の自主性に関わる事柄です。教育水準や職業訓練の仕組みがまだまだ不十分な現地では、個々の企業が積極的に人に投資をし、クリエイティブな人材を育成することが求め
られていました。そのような状況において、日系企業はどのような指針を用いて人的資源管理を構築していく必要があるのかにも興味がありました。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

PAGE TOP