クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2021年01月22日

保険契約における保険金の支払い条件を規定する契約条項と法律との相関性を追う

保険契約者に課せられる告知義務と免責事由

主に火災保険や自動車保険などの損害保険を中心に、保険会社と保険契約者間の権利や義務を規定する「保険契約」について研究しています。保険契約には様々な取り決めがありますが、そのなかでどういった場合に保険金が支払われるのか、または支払われないのか、支払われないのであればその理由は何か、といった点に関心があります。
 保険契約において契約当事者間でトラブルになりやすいのが、保険契約者に課せられる「告知義務」と、地震による損害については保険金を支払わないとする「地震免責」です。学生時代から保険契約には関心があったのですが、研究に取り組む大きなきっかけとなったのは、やはり保険会社での一年間の実務経験です。大学院に進学する前に、損害保険会社の損害調査部に勤務していました。実際に火災現場に赴いて有無責判断や損害の査定を行い、また賠償責任保険では弁護士の先生と打ち合わせをしたり、医療過誤事件では医師から事情を聴くなど、大学にいては経験のできない体験をしました。この実務経験のなかで考えたことや、問題意識を持ったことが、その後の研究の大きな礎となっています。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

PAGE TOP