クリックするとメニューが開きます
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2021年03月05日

部活動での経験が人生設計の礎となる

全力で取り組んだ部活動で社会人に匹敵する経験を積む

谷本さんの学生時代は、部活動と切り離して語ることはできない4年間だったそう。「子どもを対象としたボランティア活動を行うVYS部と、生協学生委員会Wizが生活の中心でした。部活動では子どもたちに楽しんでもらえる企画について、仲間と毎日のように議論し、練習していました」。子どもたちの保護者はもちろん、1週間学校に泊まり込みのキャンプでは学校・地域の人たちへの事前交渉や説明会を実施し、相手が理解できるように説明することの難しさ・楽しさ・達成感を学んだという。「メンバーの育成にも力を入れていて、〝後輩がのびのびと活動できる場所〞にするにはどうしたら良いか常に考えていました。それは社会人になった今でも変わっていません」と当時を振り返る。

プロジェクトを運営しながら人材育成に携わっていきたい

卒業後、システム営業を7年経験した後、子どもの誕生を契機に転職。現在は、松山にいながら全国の大企業を相手にしたインサイドセールスを行う企業でリーダーを務める。「相手が見えない電話営業にはテクニックが必要です。息づかいや相槌で相手との距離感がわかってきて、会話のコントロールができるようになった頃に、この仕事の〝面白さ〞がわかるようになりました。大学時代にいろいろな人と接し、交渉してきた経験が生きていると思います」と語る。現在はチームリーダーとして3つのプロジェクトを担当しながら、常に要望の一歩先を見据えた行動を意識して仕事に取り組んでいる。同時に人材育成にも力を入れており、人が成長していくことを実感できたときに喜びを感じるという。谷本さんの今後がますます期待される。

後輩へのアドバイス

大学時代の4年間は長いように思えて、あっという間です。“参加より参画” の考えで、指示待ちではなく、自ら企画・運営をする精神で何事にもチャレンジしてください。その経験は社会人になったときに必ず生きてきます。悩むよりもまずは行動です!

ブリッジインターナショナル 株式会社
 サービス統括本部 インサイドセールスマネージャー

 谷本 和之さん TANIMOTO Kazuyuki

 平成20(2008)年3月 経済学部経済学科卒業

 



この記事は松山大学学園報「CREATION」NO.208でご覧いただけます。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
入学広報課
電話
089-926-7140

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP