クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2019年07月08日

英語力を磨き、キャビンクルーとして活躍中!

好きな英語を極めるために
英語英米文学科へ入学

松山市出身の平田さんは、興味のあった英語を本格的に学べること、自宅から近いことなどを理由に松山大学に進学した。特に英語英米文学科では、語学としての英語だけではなく、イギリスやアメリカの文学や歴史に関しても広く学べることが魅力だったという。
 小学生の頃からダンスを習っていた平田さんは、松山大学と愛媛大学のダンスサークルに所属し、活動に打ち込んだ。さらに、2年次を終えると1年間休学して、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在。さらに英語力に磨きをかけるとともに、多くの人の助けも得て、人とのつながりの大切さも学んだという。

仲間からの刺激を受けて
客室乗務員職に見事合格!

就職活動にあたっては、英語が生かせて人の助けになる仕事に就きたいと思ったことから、客室乗務員に職種を絞った平田さん。「同じ道を目指す仲間に恵まれました。みんな意識が高く、まだまだ私も頑張らなくてはいけないと刺激を受けました」と振り返る。
 努力の甲斐あって、仙台を拠点とする航空会社に合格。2年勤めた後、実家の松山にすぐに帰れるようにとの動機から大阪を拠点とするジェイ・エアに転職。念願のCAの仕事を楽しんでいる。「何事もなくお客さまを目的地にお連れすることがなにより大切」だというこの仕事。降機時にかけられる「ありがとう」のひと言に、心癒されることも多いという。
 休日は旅行に出かけるか、実家に帰るか、ボランティアを行っているというアクティブな平田さん。今後はリーダーとしての役割も求められるが、持ち前の行動力で乗り切っていくことだろう。

後輩へのアドバイス

ワーキングホリデーではいろんな人に助けてもらい、人とのつながりを本当に大切にしようと思うようになりました。外の世界に出て多くの人と話したり、いろんなものを見たり、体験したりすることは皆さんの力になります。積極的に外に出て、様々な経験を重ねてください。

株式会社 ジェイエア
 CABIN CREW
 平田 紗悠里さん 
HIRATA Sayuri
 平成27(2015)年3月 人文学部英語英米文学科卒業

 



この記事は松山大学学園報「CREATION」NO.201でご覧いただけます。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
入学広報課
電話
089-926-7140

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP

CLOSE