クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
マツダイ最前線
FOREFRONT マツダイ最前線
2020年11月25日

大学時代の成功体験が今の自分を形成

マイナスをプラスに転じる前向きな発想で今を生きる

英語が得意で国際文化学科のある大学を目指していたが、大学入試センター試験で挫折。気持ちを新たに、将来きっと役に立つ法律を勉強しようと決意したそう。松山大学を選んだのは、就職に強いと父親や先生から勧められたのが大きな理由だった。「第一希望と違う学科に進むのは不安でした。でも身近な民法から学べたことで法学の面白さに目覚め、英語は学外でも自分で勉強できると考え、気持ちの切り替えができました」。在学中は勉学に励みつつアメリカンフットボール部のマネージャーとして選手と共に4年間を過ごし、カナダでの短期留学も経験した。プライベートでは英会話教室やPCスクールに通うなど、公私ともに全力で大学生活を満喫していた。

希望を実現させるためにすべきことを常に先取り

就職は、英語力が生かせる業種・職種を希望。最初に在学中に通っていた英会話教室でスクール運営業務に携わった後、英語力を生かしたい人へ英語に関わる仕事を提供する仕事に就きたいと思い、人材派遣会社へ転職。貿易事務プロジェクトに参加し、英語関連の仕事に就きたい方への就職あっせんと人材育成業務に従事した。その後、愛媛にUターンし、現在の人材派遣会社へ就職。「今は英語関連だけでなく、多種多様な企業様を担当しています。大学受験の方向転換が人生の分岐点になったのかも。後悔しないようにと先を見据えて行動してきたことが、今の自分につながっていると思います」。着実にキャリアアップしてきた杉さんは、若年層に自己分析の大切さを伝えるという新しい目標を掲げ、日々邁進し続けている。

後輩へのアドバイス

大学4年間で自分で自分自身に刺激を与える、そんな前向きな経験を積んでほしいと思います。就職するとき履歴書に“大学時代に何をした” をたくさん書けるようになると、おのずとどんな仕事が合っているのか?したいのか?が見えてくると思います。

株式会社 クリエアナブキ
 杉 むつ子さん SUGI Mutsuko

 平成14(2002)年3月 法学部法学科卒業

 



この記事は松山大学学園報「CREATION」NO.207でご覧いただけます。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
入学広報課
電話
089-926-7140

RECOMMEND おすすめのページ

PAGE TOP

CLOSE