クリックするとメニューが開きます
国際センターについて
短期語学研修講座
長期英語研修講座
学生海外語学研修助成制度
卒業後の進路
卒業生・地域の方へ
短期大学事務室からのお知らせ
scroll
法学研究科

制度

昼夜開講制

柔軟な教育研究体制を整備しています。
 働きながら大学院で学ぶ社会人大学院生に、昼夜開講制を導入し、平日夜間授業(18時00分~19時30分)及び土曜日などを活用した柔軟な教育研究体制を整え、履修及び単位修得の利便を図ります。

長期履修制度

働きながら無理のない履修計画が可能です。
 時間的制約の多い社会人が、個人の事情に応じて柔軟に、標準修業年限(2年)を超えて4年まで延長して学び、仕事に従事しながら学位を取得することが可能になります。この制度は本人の申請に基づいて審査し、長期履修をあらかじめ認め、計画的に課程を修了するものです。

実務経験者特別選抜入試

入学予定時において 3 年以上の実務経験があり、現在所属する組織(地方公共団体、都道府県司法書士会、都道府県行政書士会及び都道府県社会保険労務士会)の長の推薦がある方は、主に研究計画書と面接で入学できる道を開いています。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP